烏の休み場

84205
       ~お願い~                                                                                         お名前はHNでも構いませんが、 同人メンバーの方が書き込む際には匿名記入(もしくは「だれ?」と戸惑うような不可解な偽名)は なるべく避けましょう。

秋駒~下倉山スキー縦走の報告 - くろき。

2019/02/12 (Tue) 15:45:56

2/9 田沢湖スキー場6:30-秋駒男岳10:30-乳頭山18:00-田代平ルンペンC1 19:00
2/10 C1 5:00-八瀬森小屋C2 19:40
2/11 C2 5:30-大深岳10:30-下倉スキー場15:30

この3連休、尾い利か早金丸黒の8名で、秋駒~岩手山を狙いましたが、力不足で下倉スキー場に下りてきました。それでも、目的の長時間・長距離行動は試す事ができました。長時間歩いた末にルンペン作って、なおかつ、ガッツシ飲むので、削る時間は睡眠時間しかありません。12時間半・14時間・10時間行動でしたが、睡眠は前夜から2・3・4時間でした。2日目はフラフラで、単純なブナ林の森のラッセルは眠りこけながら進みました。天気はつまらぬものでしたが、長い距離なので様々な場面が出てきて、読図の勉強にもなったでしょう。こういう繰り返しで、夜間の吹雪でも問題なく歩けるようになるのです(「ホワイトアウトと夜間行動は白いか黒いかの違いだけだ」)。今回は20代の若者4名と40~50代の中年4名の参加でしたが、気が付くと先頭を若者がガシガシ進み、オヤジ・ばあや達は少し遅れてついていくという場面が多く見られました。なんとも頼もしい話しです。下山後、車の回収を待つべく盛岡駅で焼酎を口にしましたが、2杯で目が回りました。それはこの山行が最上級のものであった事の証しでしょう。何はともあれ、みんなが明るく秋駒・八幡平の山々を楽しめた事が良かったです。「まだまだやるよお」と威勢のいい事を言えないほど、若者たちの成長を感じた3日間でした。ありがとう。カモン!! くろき。

Re: 秋駒~下倉山スキー縦走の報告 - 利憲

2019/02/13 (Wed) 14:23:59

皆様本当に本当にお疲れ様でありがとうございました。久々に黒尾ありの過酷な山に顔面手足パンパンです。こういう山に行くとみんなのおかげで生きて帰ってこれたと毎回思います。早の言う通りみんなに大感謝です。私は最初から参加するか迷いましたが、昨年の忘年会のとき1年に1回沢・冬こういう山に行かなければと思っていました。それはたぶんみんなと違って山はいいな~ではなく、下界はいいな~と強く思いたいからだと思います。下山するといつも流転が生徒が安寿が誰しもが愛おしく感じます。なので今朝の池江選手白血病のニュースで泣いてしまいました。今回身の危険から先頭ラッセルは1回もやらず、2日目大白森山荘では唯一の団装いいちこ一升(下山まで一滴も飲まず笑)を海外メンバーに持ってもらい、先頭は丸・早・かがたくさんやっていましたね(恐ろしい体力)。金はスキー本当に転ばなくなりましたね(恐ろしいバランス力)。ばあやはシールが外れ転んでも最後まで元気でしたね(恐ろしい精神力)。尾さんは相変わらずよく大便していましたね(恐ろしい便通力)。私はというと2泊目小屋泊のおかげで酒も飲め命拾いしました(恐ろしい酒力)。そう言えば黒さんが飲みでは「カモン!」、山では「ゴー!」と連呼していたのは何か深い意味があると私は感じました。さらに丸がこんなに考えて山に登っているとは知りませんでしたごめんなさい。以上相変わらず山のことはほとんど考えていない利でした。
PSばあやこれからもしっかり流転にきてちょーだいね♪そうそう昨冬かい早利で行った和賀やっぱり私がいなければ行けましたねごめんなさい。あとABA追子森放送かっこよかったですよ~。

Re: 秋駒~下倉山スキー縦走の報告 - さき

2019/02/14 (Thu) 17:01:36

3日間の代償がでかすぎて、連日10時間以上睡眠の早です。今回も本当に皆さんお世話になりました。

個人的な反省(あまり登ること自体に関係ないけど)
・体調不良、眠気、体の痛みなど、どの程度は我慢してどの程度からは休憩や処置が必要なのか難しかった。
・当たり前だけどよいコンディションで入山するには日頃の食生活・睡眠サイクルなどが重要。
・夜ご飯の時、次に何を作るかなどで頭がいっぱいで会話やお酒には集中できなかった(事前の準備とイメトレが不十分で他メンバーに作業を指示することもできなかった)
・雪洞泊における酸欠の恐ろしさを知った(あんなに急激に症状出現するのですね)
・先頭を歩くと速すぎ、遅すぎ、途中で止まってしまうなどペースをコントロールできない。
・下りや巻きの読図は本当に難しい。
防寒着やお湯のことは私も難しいと思ってました。後ほどメール返信します!

それと、今回の最も大きな反省点は視野の狭さでした。自分自身の楽しい!や、辛い!でいっぱいいっぱいでした。他メンバーから表出される言葉や行動をそのまんまの意味にしか受け取ることができず、その背景にまで思考はおよびませんでした。8人それぞれ山の経験値もスタンスも得意分野も苦手分野も違って、同じ山を歩いていても見えているものやしたいことはきっと少しずつ違うわけで、それを全部わかることはできないけど、も少し思いを馳せた上で行動しなきゃなと思いました。なんて自己中心的な私だったのでしょう・・・と。

そして、今回の山行が終わってみて私がしたい山はこれなんじゃないか?!と思ったりもしました。雪のある時期の長距離縦走。今までで一番しんどくて一番楽しかったです。あと、だめなとこばかり挙げたのでいいとこ一つだけ挙げると、少し体力付いたなあ。くらいでしょうか。ではではみなさまこれからもよろしくお願いいたします!

PS 利さん、今更何を言いますか!結局あれはあれでよかったと私は思っています。またいつかみんなで和賀リベンジしましょう!

Re: 秋駒~下倉山スキー縦走の報告 - くろき。

2019/02/15 (Fri) 10:46:31

秋駒男岳~横岳間の吊り尾根。ガスると迫力を増す。

Re: 秋駒~下倉山スキー縦走の報告 - くろき。

2019/02/15 (Fri) 10:49:57

初日後半。数日前の雨の影響でガチンゴチンの氷板のため、スキー担ぐ。これが肩に食い込む。

Re: 秋駒~下倉山スキー縦走の報告 - くろき。

2019/02/15 (Fri) 10:51:45

夜も行くよお。
夜間の猛吹雪にならないと盛り上がらんよね。もうこの辺くらいしか若者には敵わないなあ。 くろき。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.