烏の休み場

67424
       ~お願い~                                                                                         お名前はHNでも構いませんが、 同人メンバーの方が書き込む際には匿名記入(もしくは「だれ?」と戸惑うような不可解な偽名)は なるべく避けましょう。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:21:30

3連休、笹内支流~ウズラ石沢を行ってきました。「目の前の課題に真摯に向き合う」姿勢で取り組みました。釜への飛び込み、泳ぎ、滝の登攀、草付、巻きなど多彩な要素が詰まった沢です。この支流はかなりおすすめです。計画では3の沢も繋げる予定でしたが、大型台風接近を考慮して、ルート変更しました。小屋に逃げ込むため、2日目は14時間半行動。暗くなったウズラ石沢を声出しで乗り切り、20時半に山頂着。台風だから誰も居ないだろうと思いましたが、先客2名あり。居眠りしながら芋を飲み、外の強風を肴にしました。向白神でこの台風の風を受けていたら、さぞかしな事だったでしょう。そういう方向性で山に向き合っていきましょう。今回、かみん、早紀にもリードしてもらいました。そろそろ、私の出番はなくなる頃ですね。 くろき。

Re: 笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:22:48

果敢に攻めるかみん。この後、落ちて振り子トラバース。

Re: 笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:24:33

2日目一発目の滝。かみんナイスリード。得意の金ちゃん銀ちゃんムーブ。

Re: 笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:28:08

早紀リード。朝練の効果大。実は結構難しい滝を水流に入りながら、ナッツ・アブミで乗っ越す。金ちゃん銀ちゃんはハングアブミで後方宙返り。滝上部の幅20cmの隙間を颯爽と通過(誰もマネできません)

Re: 笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:31:37

中年いっこ。度肝を抜く100mスラブ滝(巨大ボーリング場)を行く。

Re: 笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:34:43

14時間半行動の末(暗闇の沢登り)、台風から逃げ込む。快適・安全な山頂ホテル(男子便所内)
皆さん、感想をお願いねえ。 くろき。

Re: 笹内支流 - かみん

2017/09/22 (Fri) 07:59:04

風が強まる暗闇の中、パーティーは高揚感と一体感に包まれていました。また思い出に残る山行ができましたね。さきの華麗なリードや金ちゃんの穴熊のように岩の隙間を這い上がる姿にも驚きましたが、下山後20kmランで車を回収しに行く会長には言葉もありませんし、誰も真似できません。お疲れ様でした。

Re: 笹内支流 - 利憲

2017/09/22 (Fri) 12:07:50

確かに下山後車を回収しにハーフマラソンをすると聞いたときは、100mスラブ滝を見たときよりも度肝を抜かれました。そしてやっと気持ちの整理がついたので投稿します。今回黒木さんの判断・実行力のおかげで命拾いしました。入山するときから自分の中で、今回は台風接近のため鞍部までだろうと考えていました。鞍部で三の沢に突っ込むかどうかという考えがでてきたとき、頑なに反対していました。ウズラ石沢に行くと言ったときもマジかと思いましたが、小屋に逃げ込むのは勿論大正解でした。でもそのまま来た道を辿って下山するのが一番安全だったはずなのに、なぜわざわざ危険を冒してまで突っ込むのか?そう危険を冒してまで突っ込まなければ得られないものがあるからです。私は黒木さんのような度胸も実行力も勿論体力・技術もないので、今まで安全策しかとっていませんでした。またウズラ石沢二股で17:30、精魂尽き果てていたので台風が来ないことを願って高台でビバークしませんか?と黒木さんに言ったとき、バカなことを言うな!「帰れなくなる」と言われました。全くその通りであの暴風雨の中、小屋でなく外でビバークしていたら低体温で死んでいたかもしれません。あの「帰れなくなる」は増水で帰れなくなるのか、低体温で死んでしまうのか、どちらの意味だったのでしょう。最後に白神登山口から十二湖までいっこさんと歩いているとき、いっこさんが体力的にもう流転の山行に参加できなくなるかもと言ってきました。ドキッとしました。自分も体力・軟弱のため少し同じことを考えていました。生保内・笹内と自分にとって体力・技術・精神力とあまりにもかけ離れ過ぎていて、もっと自分に合った山行を模索した方がいいのかなとも思っていました。でもやはりたまには流転のギリギリの山行も経験して、これからも自分を高めていきたいとも思いました。まあ死なないように頑張るしかないね。皆様お疲れ様でありがとうございました。

青森県高校山岳部秋季大会岩木山 - 利憲

2017/09/11 (Mon) 08:03:47

9/9(土)百沢7:30→山頂13:30→岳8合目15:00バスで下山。高校生68名・顧問20名、黒木・稜真出現。自然クラブより軟弱でカラス女子3・姥石男子2・焼け止まり男子2・顧問1脱落。何とか山頂まで辿り着き、突然小雨・雷で記念写真撮らず速攻下山。夜も桜林でキャンプ中突然の雷雨で高校生は顧問の車に緊急避難。様々勉強になった週末でした。ありがとうございました。写真は錫杖清水で行列できる。

笹内支流~大峰沢報告 - くろき。

2017/08/28 (Mon) 09:15:43

この週末、尾か早金黒の5名で、笹内支流~大峰右下降~左遡行に行ってきました。初ルートのワクワク感と白神マニアルートの静けさは、やはり心地のいいものでした。滝こそそれほどなかったものの、若い衆のルートファインディングでスムースに行程をこなせました。大峰沢は両岸が切り立った岩場で、そこにブナを中心とした森におおわれ、身もこころも癒されました。夜はキクラゲと結婚報告にお腹いっぱいになりました。今シーズンの白神は今度の二の沢右で締めくくりましょうかね。 くろき。

Re: 笹内支流~大峰沢報告 - くろき。

2017/08/28 (Mon) 09:17:20

笹内支流のF2。小巻きで上がる。

Re: 笹内支流~大峰沢報告 - くろき。

2017/08/28 (Mon) 09:19:41

シャワーに喜ぶ金。半分/月は山入りし、アパート解約寸前(るんぺん間近)。

Re: 笹内支流~大峰沢報告 - くろき。

2017/08/28 (Mon) 09:22:05

早紀の華麗なリード。朝練の成果をいかんなく発揮。早紀の報告にかみん悔し涙!?

Re: 笹内支流~大峰沢報告 - くろき。

2017/08/28 (Mon) 09:24:13

金ちゃん得意のムーブ。身長140㎝ながら、高く上げた足に乗り込むのが異常にうまい。安寿会の新救世主。

Re: 笹内支流~大峰沢報告 - くろき。

2017/08/28 (Mon) 09:27:32

びおやじ健在。今夜はBBQにカラオケにボーリングか?

Re: 笹内支流~大峰沢報告 - くろき。

2017/08/28 (Mon) 09:30:12

らすと。
流転に入ればこういう景色が見れますよ(会員募集中!!)。 くろき。

Re: 笹内支流~大峰沢報告 - さき

2017/08/29 (Tue) 18:20:20

くろきさん、「金ちゃん得意のムーブ」の写真は、金ちゃん・・・?

今回は人数も少なかったし、日程的にも切羽詰まっていたわけではなかったので、滝や高巻きの時にもっとザイル引っ張らずにねばって登ればよかったなあと思いました。けれども私はやはりみんなのようなしなやかさや俊敏性はないので、滝登りより藪こぎの方が得意なのかもしれないなとも思いました。
帰りの長い長い登山道では金ちゃんとなんで山に登るのかと話し合い色々とこじつけの理由は挙がったけど、結局はっきりとした理由を見つけられませんでした。これからも探し続けます。ということで来月以降もよろしくお願いします。

Re: 笹内支流~大峰沢報告 - さき

2017/08/29 (Tue) 18:25:34

笹内川支流のF1をリードするかみん

Re: 笹内支流~大峰沢報告 - さき

2017/08/29 (Tue) 18:28:19

笹内支流のF2、くろきさんリード。

Re: 笹内支流~大峰沢報告 - いっこ

2017/09/03 (Sun) 13:37:11

金ちゃんムーブ姿は…なまこ?
何度見ても素晴らしい!
この形のキーホルダーがほしい。

葛根田川 - 利憲

2017/08/23 (Wed) 10:26:23

皆さんおはようございます。尾さんがJKの感想を集めてからでないと投稿しなさそうなので、お先に失礼して忘れないうちに書き込みます。8/19(土)~20(日)尾・い・か・利・JK2名で葛根田川、登り北ノ又沢から大白森湿原を抜けて、下降明通沢に行ってきました。初日曇り時折ポツポツと雨が降る中順調に進み、地形図上滝マーク2つを越えて17:00、900mでC1。1つ目は階段状13mくらい途中水をダップリ浴びる。いつも通り尾さんが華麗にリード。2つ目は3mくらい乗り越えるには補助ロープなしでは無理。これまたいつも通り1つ目の滝を登っているうちに尾さんかかちゃんが補助ロープセット。葛根田は魚影が激しく一人一匹ずつ確保。だがしかし、この夏の天候不順で焚き木がすべて水分ダップリ含みなかなか火が点かず。尾さんが着火剤を用意していてなんとかファイヤー。今宵も食事担当いさんの豪華焼肉で夜は更けていきました。2日目この夏久しぶりの青空。藪漕ぎもさほど酷くなく歓喜の大白森湿原へ。まあ尾さんのルートファインディングのおかげですが。そして懸垂3回で明通沢へ。14:00くらい下山かと思いきやいつも通り目一杯歩き17:30無事下山。今回珍しく利も含めJK達もしっかり読図しながら歩きました。いや~葛根田は初めて行きましたが、また行きたいと思わせる良い沢でした。皆さんお世話になりありがとうございました。最後に珍しく利が尾さんに褒められ、またまたやる気を出した葛根田でした。終わり。
写真は滝を登るJK

Re: 葛根田川 - びとお

2017/08/24 (Thu) 21:40:49

・・・ってことで、葛根田の報告。
手垢が付きまくっているだろうなと思っていた葛根田でしたが、源頭部は手つかずの藪こぎが待ちかまえて野性味にまみれました。途中、ぼちぼちと出てくる滝も絶妙な難しさを求められた妙沢と言えます。
さらに、今回は高校生2人も参戦。
二人の感想文(全文)に、おじさん・おばさんたちは自らを振り返るきっかけにもなりました。

写真は、絶妙なヘツリを見せる女子高生2人。

Re: 葛根田川 - びとお

2017/08/24 (Thu) 21:47:17

<高校生の感想文です>
天気も良く、まず水量の少なさに感激しました(笑)どこを見ても言葉では言い尽くせないほど綺麗な景色と滝の迫力に圧倒されて、自分がただの人間でしかないことを感じられて安心しました。

 岩場のクライミングも前回に引き続き楽しくてたまらなくて、ものすごく久しぶりに釣りも出来て、素敵な方々に出会えて一緒の時を過ごせて、本当にいい思いをさせてもらいました!!
 読図まだまだ勉強しなきゃなと夏休み中読図の本を読んでいたのですが、実践に勝るものは無いなと感じました。初日は割と大丈夫でしたが、二日目はぐだぐだで、ハッキリと力不足を感じて悔しかったです。Bさんのおっしゃる通り、奥が深いです。もっともっと勉強します。

あゆと最後に競技じゃない山(沢 )に行けて良かったです。2日間も本当にありがとうございました!

Re: 葛根田川 - びとお

2017/08/24 (Thu) 21:53:41

初めてイワナを釣りあげて大喜びのおばちゃん。

ビやトシどころか、高校生にも釣られていた素直な葛根田のお魚さん。

Re: 葛根田川 - びとお

2017/08/24 (Thu) 21:59:46

<高校生の感想文 2>
(内容が長文で、かつ濃いものなので一部抜粋です)
 ゴルジュ気味のところをへつったり、滝のすぐ脇を登ったり、上流部での難しい細かな読図をしたり、クロスベアリング?で自分の位置を確かめたり、スリル満点でかつ、頭と体を文字通り柔らかく使う山行でアドレナリンが出っぱなしでした。今回いくつもの雰囲気の違う滝が現れて興奮しました。どこを巻けばいいのか、良さげなホールドを登る前に見極めて、前の人の登りを見てオブザベーションしたり、どう攻略すればいいのか考えるときはとてもわくわくしました。その後で、尾藤さんやかみんさんの登り方を見て、自分のと答え合わせをして、こう登ればよかったのかあ!と気づくのも勉強になり、また面白い体験だったと思います。
生保内沢の事故の報告書を読ませていただき、今回ナイフはすぐ取り出せる場所に入れるだとか、ウィダーのような流動のカロリーのあるものを持っていくだとかに気をつけました。そしてこの滝はゴボウ?プル-ジック?それともユマーリング?と考えながら登りました。どれがいいのかは場所によって違っていて、振り子のように振られてしまう可能性や、滝壺の深さ、様々な地形や条件を加味して装備を使い分けていることが分かり、とても為になったと感じます。また生保内の事故のことを知らなかったら、ユマールは決して下に下がらないのだから一見とても安全かのように見えてしまうと感じ少しヒヤッともしました。またかみんさんからは、事故が起こったら早急に対 処できるように、後ろの人1人くらいは待とうということを教えてもらいました。たしかに、滝の下に人がいても見ていても何もできないだろうし、声も上まで届きにくいはずで、これからよく意識したいと思います。

Re: 葛根田川 - びとお

2017/08/24 (Thu) 22:04:48

上流にある、色っぽい滝

Re: 葛根田川 - いっこ

2017/09/03 (Sun) 13:27:43

優秀で素直でかわゆい女子高校生にも会えたし、読図の勉強になった。
また落石(利&いっこ)や転倒(いっこ右腕打撲)に注意!
心地よい疲労でした。参加してよかったぁ。

飯豊連峰 - かみん

2017/08/15 (Tue) 23:24:20

8月11~13日いっこさんと飯豊に行ってきました。
前日に米沢で待ち合わせをして河原で前泊。翌早朝からバスと電車を乗り継ぎ、地元山岳会のトラック荷台に拾われて林道を移動。こういう登山前ののんびりした移動が好きだ。石転び沢からは霧の中コンパスでルートを探しての雪渓歩き。他に人がおらず、静かな山を楽しんだ。2日目の昼からは雨で視界も効かず、足元に咲く花の名前をいい加減に言い合ったりして雨に濡れた荷の重さを紛らわし、ひたすら歩いた。下山は福島側へ。またもや親切な地元の人に送られて温泉へ移動。おじさん達に気に入られる他力本願な2人でした。2回目の飯豊にも関わらず付き合ってくれたいっこさんありがとうございました。次は朝日かな。

Re: 飯豊連峰 - かみん

2017/08/15 (Tue) 23:33:34

11日:飯豊山荘ー石転び沢ー梅花皮小屋(テント泊)
12日:梅花皮小屋ー北股岳ピストンー御西山荘ー大日岳ピストンー飯豊本山ー切合小屋(テント泊)
13日:切合小屋ー剣ヶ峰ー川入

写真は北股岳。最後の晴れ間だった。

Re: 飯豊連峰 - いっこ

2017/09/03 (Sun) 13:05:43

朝日か飯豊か?関東よりの谷川岳、越後近辺か?どうする?
前日までどこに行くかわからない、かみん主催のミステリーツアー。

飯豊は5年前の7月、たがじょのI氏と2泊3日のテント泊したっけ。
今回はまた違うルート。初日の石ころび沢に大満足。
これは流転での冬の沢遡行の経験が生きたと思う。
2日目は行動時間11時間弱。歩く速度はコースタイムより短い。しかし、かみんの仏顔を拝みにたくさんの人がしゃべりかけてくるため、2日間ともテン場到着は17:30。サングリアで乾杯。疲れも吹っ飛んだ絶品かみん特製ドライカレー。テント外での高校生山岳部の会話にニヤニヤ。朝は必ず2度寝でダラダラ。下山時は、大学生2人組(と言われたよ、ふふ)を送り届けたいと名乗り出る殿方が殺到。汗とニンニク臭にまみれた女を早く風呂に入れたいという憐みだったのか?

Re: 飯豊連峰 - いっこ

2017/09/03 (Sun) 13:10:54

霧に見え隠れする石ころび沢に
「こわいなぁ~」と躊躇する私。
「なんか、ワクワクします」颯爽と出発するかみん。

Re: 飯豊連峰 - いっこ

2017/09/03 (Sun) 13:12:39

♥お見合い写真♥

楽しい~と陶酔中のかみん

石ころび沢上部にて

2017安寿夏山飯豊 - 利憲

2017/08/17 (Thu) 07:34:04

8/12(土)~14(月)2泊3日で安寿翔・さ・金・穂・流転利、最終日泉がレンタカーで迎えに駆けつけてくれました。山は残念ながら3日間とも霧雨・ガスで何も見えず、あらゆる物が一度も乾くことなく過酷な山行となりました。
8/12(土)飯豊山荘5:30→1021m8:00→梶川峰12:00→稜線分岐13:20→梅花皮小屋15:30(テント泊)
8/13(日)小屋5:30→御西小屋10:00(休憩)10:30→梅花皮小屋14:00(テント泊)
8/14(月)小屋6:00→門内小屋8:00→稜線分岐8:50(泉合流)→飯豊山荘14:30
8/11(金)山の日、現役が18切符で小国駅17:50到着。利の車に無理矢理積め込み飯豊山荘へ。速攻テントを張り、黒さんの差し入れイチゴ酒で宴会。だがしかし蛾・蚊の襲来で初日からブッサブサ。夜中にはドシャ降りの雨で翔が浸水。
8/12(土)いきなり細尾根物凄い急登を重い荷物で喘ぎに喘ぎ稜線へ。霧雨・ガスで何も見えず梅花皮小屋テント泊。ただ今回助かったことは風がほとんどなかったことです。夜中にはまたまたドシャ降りの雨。
8/13(日)朝からいやな雨降る。テント・シュラフなどデポして出発。今回なんと1日早くい・かが飯豊縦走しており、御西小屋にプレゼントをデポしているという。無理せず飯豊本山は諦めとりあえず御西小屋へ。だがしかし管理人不在でタイミング悪くプレゼント回収できず。後で聞いたらメロン・ワインをデポしてくれたという。う~残念無念ごめんなさい。
8/14(月)みんな心折れ動きたくないと言っていたが、下界恋しく温泉を心の拠りどころにして下山開始。今回利テントの中でやることなすこと下品で現役に大ブーイング。4:1の図式で物凄い孤独感を味わっていたが、泉との再会でテンションマックス。もはや若い子よりおっさんがいいね~。
泉と合流し最後急坂を慎重に下り、いつも通りあれが食べたい、温泉楽しみ、しばらく山はいい、ビール飲みたい(利)と言いながら無事下山。
 皆様お疲れ様で楽しかったです、かな?そして今回いつも通り黒さんに装備借りたり差し入れもらったり、い・かにプレゼントデポしてもらったり、泉に迎えにきてもらったりと安寿OB様々御協力頂いて無事下山できました。本当にありがとうございました。
 下山したその日、道の駅いいで隣り公園で打ち上げテント泊。現役は臭いからテントに入りたくない、山はしばらくいいと言っていたくせにすぐさま富士山へ行くという。泉は磐梯山へ。い・か・利は葛根田へ。懲りないね~…。

高校山岳部カヤック教室 - 利憲

2017/08/07 (Mon) 08:03:30

8/5(土)6(日)十和田湖で開催されました。高校生30人、顧問15人。我が校部員はいませんが、顧問のみ参加。カヤックはいいとして、17:00から顧問会議という名のBBQ開始。会長さんが大嫌いだけどたまにはいいね。山岳部作りたいですと言っていたら、捨てるからとザック・寝袋×10もらってきました。今度安寿ロッカーに持って行きます。山の日から安寿と学生以来20年ぶりの飯豊に行ってきます。

Re: 高校山岳部カヤック教室 - みほ

2017/08/12 (Sat) 14:47:37

飯豊いいですね!
気をつけて楽しんでください~(о´∀`о)

八甲田寒水沢 - 利憲

2017/07/31 (Mon) 08:09:52

7/30(日)日帰りで泉・翔・金・利で行ってきました。前日夜酸ヶ湯集合宴会。満点の星空のため利以外3人駐車場でゴロ寝。でも星を見る前に速攻寝てしまいました。寒水沢はそこそこ悪い滝がでてきて、直登できれば面白いと思うのですがほとんどは登れず巻きました。八甲田の沢は巻き道がバッチリで安心です。そして藪漕ぎなしで夏道にでる。当初また寒水沢を下降する予定でしたが、登りで5時間半かかり心が折れ、酸ヶ湯に下りようと思ったのですが、利が車の鍵を忘れる。利いつも通り軟弱のため、金に物言わせてロープウェーで下山。でも天気が良くて景色が素晴らしかったのでまあよしとしましょう。翔沢デビュー戦で懸垂下降の練習もしたのでこれもまたよしとしましょう。写真ある人載せてね。
ロープウェー入渓5:30→夏道合流11:00→ロープウェー13:00→懸垂下降・ロープワークちょこっと練習→谷地温泉15:00

生保内川報告 - かみん

2017/07/18 (Tue) 13:40:03

7月15~17日黒尾い利早金かで生保内川に行ってきました。水量が少なく1日目は順調に距離を稼ぐことができました。昨年事故のあったF3を通過する時はやはり感慨深く、気持ちが引き締まりました。800m付近でC1とし、焚火を囲んで裸祭が始まり夜は更けていったのでした。2日目は朝からぱらついていた雨がどんどん激しくなり沢が濁流へと化したため、950m付近から左岸の尾根に逃げました。そこから約7時間の藪漕ぎ、朝日岳山頂近くでC2となりました。全身びしょ濡れビバークでしたが、今回はコンロがあったため温かい食事で気力体力を回復しました。3日目は大荒沢岳まで藪漕ぎ、後は貝沢まで登山道を下りました。
またもや天候不良の中の生保内で、完全遡行はできませんでしたが、メンバーそれぞれが力を発揮し成長できた良い山行だったと思います。皆さんの感想もお願いします。

Re: 生保内川報告 - かみん

2017/07/18 (Tue) 13:54:24

コースタイム
1日目:太平トンネル駐車場(6:15)ー生保内川合流(7:20)ーF1(12:15)ーF3(15:00)ーF5(16:30)ーC1(19:00)
2日目:C1(4:30)ー950m沢脱出(11:45)-C2(19:00)
3日目:C2(5:00)ー朝日岳(5:20)ー大荒沢岳(9:00)ー貝沢(13:30)

写真は昨年事故のあったF3付近を上流から。

Re: 生保内川報告 - くろき。

2017/07/19 (Wed) 08:48:15

夏到来!!早紀の美しい飛び込みの背後に!?

Re: 生保内川報告 - くろき。

2017/07/19 (Wed) 08:49:16

F1。あのハーケンはいつ抜けるのでしょうか?

Re: 生保内川報告 - くろき。

2017/07/19 (Wed) 08:53:31

あれ?F2は投稿失敗。
れいの現場。今一度気を引き締める。

Re: 生保内川報告 - くろき。

2017/07/19 (Wed) 08:56:40

大型新人の小人・金。川原歩きも登攀もヤブ漕ぎも木登りも何でも来い。朝日岳では歓喜の嘔吐。今後、間違いなく強くなるお人

Re: 生保内川報告 - くろき。

2017/07/19 (Wed) 08:58:29

2日目の雨で、今年も増水。昨年の経験から戦略を深めていたので、最善のルートへ。

Re: 生保内川報告 - 金城

2017/07/21 (Fri) 11:10:57

今回が2回目の沢!
正直に言うととてもしんどかったです。
朝練をやっているからと甘い考えでい挑んでしまいました。でも全く甘くはなく、ロープや木を使って登ることも難しくて思うようにできませんでした。それに、2日目の途中からは長時間の藪漕ぎでなかなか進まず、足も上がらず、想像以上に過酷の山行でした。
その上、2日目の夜からご飯が喉を通らず嘔吐もし、3日目は死んだように歩いていました。
でも、みなさんが親みたいに優しく気にかけてくれたおかげで無事に下山することが出来ました。
本当にみなさんありがとうございました。
まだまだ未熟な私ですが、今後も登りいろいろ学びたいのでよろしくお願いします!

Re: 生保内川報告 - くろき。

2017/07/21 (Fri) 21:05:12

今後も登りいろいろ学びたいので・・

言ったな!?金ちゃん。入り口を入ったら出口はありません。内なる方向性は無限大です。この生保内も時間をかけて消化して更なる昇華へつなげましょう。 くろき。

Re: 生保内川報告 - さき

2017/07/27 (Thu) 17:18:39

おそくなりましたが・・・

とにかく感慨深い山行でした。
見え方や感じ方は経験や知識に大きく左右されてしまうものですが、記憶は1年という時の中で思い出す度に修飾され本当に見たものとは違う物になっていってしまうんだなあと思いました。
生保内は去年の夏から3回目で、やっと最終章?
でもいつかまた行けたらと思います。
今回は皆さんの元気と根性と、CLかみん始め皆さんの助けがあってなんとか帰って来れました。ありがとうございました。

東京・立川から(7月) - 鴨下

2017/07/23 (Sun) 18:53:22

40代のの富士登山教室(4回目)
奥多摩・御岳山~日の出山
炎天下の6時間歩行の体力づくり、水の飲み方を考えるのが目的の山行。
渓流歩きは気持ちよかったですが、結構応えました。
もう一回くらいで仕上げて、8月末に本番(富士山)です。

生保内、無事の下山がなにより、おつかれ様でした。

Re: 東京・立川から(7月) - いっこ

2017/07/26 (Wed) 20:36:26

おっ!
ロックガーデンですか。
気持ちいいですよね。
富士登山成功するといいですね(^^♪


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.