烏の休み場

62640
       ~お願い~                                                                                         お名前はHNでも構いませんが、 同人メンバーの方が書き込む際には匿名記入(もしくは「だれ?」と戸惑うような不可解な偽名)は なるべく避けましょう。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

3連休南東北飲み遠征そして遭難・・・ - 利憲

2017/03/22 (Wed) 10:49:54

こんにちは。白神投稿したばかりなのに誠にすみません。白神参加ギリギリまで迷いに迷い、長距離きつそうなので南東北に飲み遠征に行ってきました。白神すごいところを歩いてますね~。でも3連休は快晴でしたね。そして珍しく投稿が遅れたのは、磐梯山で遭難してしまい、頭の整理をしてから投稿しました。しかもそういうときは心の動揺で不運が続くもので、最後のスキー場で転倒し、20年選手のストックがとうとう折れてしまいました。(泣)

3/18(土)古川井戸家で宴会 - 利憲

2017/03/22 (Wed) 10:51:32

緊連を井戸夫妻にお願いしたら、由ちゃんも来るということで詩世帯主から前泊OK。利高速から飲み始め、井戸家到着1時間でパックワインを空け、その後2時間しゃべり続けていたらしいのですが、全く記憶にございません。おかげで由ちゃん初対面でしたが、3言ぐらいしか声を聞いていないような・・・。ち~ちゃんはもはや利を人間として認識していなかったのでは・・・。

3/19(日)蔵王不忘山1705m~南屏風岳1810m - 利憲

2017/03/22 (Wed) 10:52:44

井戸家で飲み過ぎ、珍しく1時間寝坊。泉・利で蔵王に行ってきました。
白石スキー場リフト10:30→不忘山12:30→南屏風岳13:30→不忘山14:30→白石スキー場16:30
不忘山までは快適春スキー。南屏風まではちょっとした痩せ尾根に強風だったので、利はアイゼン、泉はツボ足。なかなか盛り上がりました。寝坊したためタイムアップで屏風まで行けず。そのまま福島県相馬市泉家へ。

3/20(月)磐梯山1816m遭難 - 利憲

2017/03/22 (Wed) 10:53:54

登り3時間、下り2時間利単独でやってしまいました。私たちは今まで様々な要因が絡んで遭難事故を起こしてしまいますが、今回思い込みと勘違いの連続で遭難してしまいました。以下長く長くなってしまいますが説明したいと思います。①猪苗代スキー場と直線距離1.5km位離れて、②猪苗代リゾートスキー場があるのですが、①から登り間違って②に下りてしまいました。②から夏道が山頂まで走っており、夏道を登るつもりでネット地図をその部分だけ印刷し持って行ったのですが、実際は①から登っていました。ここで最初の失敗。スキー場を全く確認せず完全に②にいると思い込んでいた。トレースがバッチリあったのですが、ここでコンパスは合わない・地形が全く違うことに気付き、一生懸命現在地を探したのですが、ネット地図には載っていない場所で全くわかるわけもない。でも快晴過ぎて山頂もバッチリ見えているし、トレースもバッチリあるのでもういいやと思い登ってしまった。山頂直下くらいにきて、やっとネット地図に載っている部分にきて、コンパスを合わせると自分の登っている尾根を発見。少し安心し山頂に到着。山頂には6人いてその一人に話しかけ、地元の人らしくよく登っているというので、物凄い恥ずかしかったのですが、いろいろ聞き私が登ってきた尾根は東尾根という冬限定のよく登られるコースだと。そしてこの東尾根を登るためには、①から登るのが普通だと。しかし私は完全に②から登ってきたと思い込んでいるので、②から登ってきたというとそんな人は初めて聞き、物凄い健脚ですねと言われる。(笑)その昔黒さんが岩木山螺旋登山をしたのを思い出し、もしかして俺もやったかといい気になる。(笑笑)しかも山頂までスキーで登ってきた人は初めてとも言われ、これが流転山スキー文化だとまたまた完全にいい気になる。(笑笑笑)確かに他の人はピッケル・アイゼンで登ってきている。ここでまたまた勘違いをしてしまった理由が、リフトを降りてすぐにトラバースを500m位していたのである。あとから地図で確かめると、もし②から登っていたら、2km位はトラバースしてこなければ東尾根に辿り着かない。でも地図がないので思いっきりトラバースをしてここに辿り着いたと思っている。さあこれから下山開始。地図では90度違う方向に向かうのだが、もちろんまだ②から登ってきていると思っているので、何の迷いもなく南西尾根夏道を降りてしまった。しかも山頂からは①は尾根に隠れて見えないのだが、②はバッチリ見えている。②が手に取るように見えたとき、あれ?登ってきた①にゴンドラなんかあったけ?と不思議に思う。しかもスキー場がぜんぜん違う。山頂で地元の登山者にお話を聞いたとき、近くにスキー場がもう一つあり、そちらから登る人もたくさんいると。まさに私の実際はそのコースを登ってきていました。スキー場に着くともう完全に違うスキー場だと認識し、仕方ないと思い滑っていると、パトロールの人に止められ、どこから登ってきましたか?と。パトロールの人曰く、ここからスキーで登った人はいなかったはずですと。私もどうも違うスキー場に下りてしまったようで、バスなんか走っていませんか?と聞くと、ホテルに行ってタクシーを呼んでもらうのが一番だと聞き、仕方ないのでそうしました。タクシー代は2850円の距離で、今回何事もなかったですが本当に良い教訓になりました。こんなわけのわからない長い長い説明で伝わったでしょうか?説明が下手くそで申し訳ありません。
今回の教訓は当たり前ですが
①登山口はしっかり確認しよう
②ネット地図でももっと周辺の地図を持っていくべし
③今回即席で磐梯山を選び、下調べがなさ過ぎ
相変わらずまたまたやってしまった1日でした・・・。
最後に井戸家・由ちゃん・泉とてもとても楽しい3日間でした。本当にありがとうございました。また遊びましょう。

岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:22:49

3連休、いか黒で岩木山白神縦走してきました。まず、百沢から上がり湯の沢左岸尾根を下り、湯段温泉裏から白神山地へつなぐもの。当初は雁森までの予定だったが、長距離過ぎて、高倉森から横倉沢出合いに下降し、暗門を冬沢融合スタイルで〆た。11・11・10のトリプル2桁行動でした。白神の森を理解するにはこの長距離スタイルは欠かせない。ぶなを観察しつついい山でした。長距離を諦めたので、最後に冬沢融合を付け加えた、暗門はどのルンゼからも全層デブリいっぱいで、こころ張り詰めました。睡眠時間も短く、下山後の飲みでは2杯飲んだら、朦朧として眠りにつきました。写真多いですがご覧ください。

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:24:33

まずはここから(岩木山山頂)

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:25:54

湯の沢左岸尾根の下り
扱いづらい雪質と風で早くもフラフラ

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:27:40

ルンペン白神スタイル
今回はブナの大木を大黒柱兼壁に利用。木のぬくもりも感じつつ、酒が進む

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:29:07

あさ、白神のブナの森を行く。心地よい瞬間である。

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:30:18

お山、だいぶ遠くなりました。湯の沢左岸尾根も見えています。

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:33:06

こんなブナを発見。中は暖かく、生命の香りがします。

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:34:14

冬眠明けの頭の悪そうなクマ

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:35:15

暗門第1・2の滝

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:36:21

冬沢融合
滑ればドボンの快感コース

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:37:29

ツリークライミング
多彩な技が要ります

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:38:59

デブリを越えて

Re: 岩木山白神縦走 - くろき。

2017/03/21 (Tue) 12:40:46

ラスト
ゴール近し。白神の魅力を存分に味わった3日間でした。 
お二人も感想ちょーだい。 くろき。

Re: 岩木山白神縦走 - かみん

2017/03/21 (Tue) 23:05:48

思い出して笑顔になれる楽しい山行でした。
岩木山の厳しさに1日目からふらふらになり、白神の森に癒されました。美しく力強いぶなの木、たくさんのサルの足跡、どこからか聞こえてくるアカゲラのドラミングの音。師の思惑通り、白神の森に魅了された弟子たちでした。最後は緩んだ気を引き締めるような冬沢融合。ドボン覚悟の高巻き、木登り、スキーをも杖にしての渡渉。次は何が待ち受けているのか、最後までドキドキでした。動物の足跡も全くない、デブリの山だらけの冬の沢は、どこまでも静かで美しかったです。様々な要素が含まれた充実した3日間でした。次は雁森まで行きたいですね。ありがとうございました。

秋駒スキー縦走 - 利憲

2017/02/27 (Mon) 13:37:04

尾さんがまだ投稿していないので、待ちきれずお先に投稿させて頂きます。早いもの勝ちということで誠にすみません。
2/25(土)・26(日)泊まりで尾・い・か・早・利で田沢湖スキー場から雫石スキー場へ縦走してきました。
2/25(土)田沢湖スキー場→男岳→横岳→湯森山→熊見平→笊森山C1
2/26(日)C1→千沼ヶ原→三角山→小高倉山→雫石スキー場
登り始め田沢湖スキー場では眼下に田沢湖が見え、これは視界良好かと思いきや、男岳山頂に近づくにつれ視界30mくらい。横岳までは視界不良アイゼンコンパスナビ難しい登山。横岳山頂看板を見つけるとホッと一安心。横岳から湯森山へ先頭をやってみると、コンパス通りに進んでもルートから少しずつズレ、尾さんに軌道修正。夏道ロープを見つけるとやっぱり人工物はいいな~(笑)そして横岳下山中どんどん視界が開け、八幡平絶景が!大斜面を歓喜の滑りで一気に湯森山から熊見平を越え笊森山へ。笊森山山頂から徐々に視界が悪くなり、時間も17:00なので山頂直下で穴堀り開始。久しぶりに雪洞を掘りましたが、やはりルンペンよりはるかに重労働でちょっきり2時間。宴会は食料担当いさんから出るわ出るわの豪華つまみ。さあ焼酎1.8リットルを飲むぞと思いきや、すぐさまキムチ鍋を作ってしまい、しかも毎週の登山のため利疲労度マックスで22:00に睡眠。焼酎は0.3リットルしか飲みませんでした…。
次の日朝飯の準備中ろうそく・火器が着き悪く、やはりしっかり埋められ酸欠状態。尾さんが掘り起こしてくれ、まったく何も見えね~と言っていたのがどんどん視界が開け、これから行く三角山までバッチリ視界良好。またまた大斜面を歓喜の滑降で三角山・小高倉山を越え雫石スキー場まで。最後のスキー場は営業していない無人のスキー場を選んだのですが、しっかり圧雪され最後の最後にゲレンデスキーを楽しんだとさ。やはり視界良好の冬山は最高でしたが、男岳から横岳への視界30mアイゼン稜線が一番気合いが入りました。皆さんお世話になりありがとうございました。お疲れ様でした。

Re: 秋駒スキー縦走 - 利憲

2017/02/27 (Mon) 13:41:54

久しぶりの雪洞宴会!

Re: 秋駒スキー縦走 - 利憲

2017/02/27 (Mon) 13:43:29

雪洞脱出!出発の朝!!

Re: 秋駒スキー縦走 - かみん

2017/03/04 (Sat) 22:05:09

久しぶりのアイゼン・ピッケル山行。男岳~横岳の細い稜線や雪庇を確認しながら歩く時は緊張感がありました。後半は皆で読図しながら進む余裕もあり勉強になりました。皆さんありがとうございました。

Re: 秋駒スキー縦走 - 早紀

2017/03/07 (Tue) 00:07:29

ごめんなさい、今さらですが。
初めてアイゼン、ピッケルを使いスキーじゃ登れない斜面や尾根を行きました。初めて雪洞を作り泊まりました。2日目の後半、初めて雪山で先頭を歩きました(とっても視界良好で不安なのはスキー技術が半分以上でしたが)。初めてのゲレンデスキーを体験しました。美味しいごはんや皆さんの声かけ、忘れ物したのに私に貸してくださったり、皆さんのおかげで楽しめました!これからもどんどん山に行くぞ!今週はかみとと八甲田です。

Re: 秋駒スキー縦走 - いっこ

2017/03/13 (Mon) 22:33:43

今さらですが、
かみんに叱られるのでこっそり書き込みます。

●今回の初めて:
Bさん提案でバディシステム導入
(かみんと早紀、利といっこ)
早紀は上記の通り色々
私はmyアイゼン

●今回の2回目:
前回の横岳滑落ポイントの確認。限定できず。

●今回わかったこと:
晩御飯を早い時間にたっぷり用意すると
お腹が満たされて眠くなり酒がすすまない。
次回よりひもじくする。

奥多摩で急登と言われる山を水を担いで
トレーニングしたつもりだった…しかし
行動&読図ともノロノロで皆の後を追う形となる。
ま、いつも通りかぁ。また遊んでください。

岩手山鬼ヶ城 - 利憲

2017/03/06 (Mon) 12:06:43

3/4(土)・5(日)泊まりで尾・利・亜の後輩あちゃんと行ってきました。
3/4(土)スノーパークゴンドラ頂上9:50→鬼ヶ城稜線14:00穴掘り開始→宴会開始16:00
3/5(日)5:00起床→7:00出発→黒倉山10:00→姥倉山→犬倉山巻いて網張スキー場下山14:00
今回の山行は尾さんにとって腹2分目だったらしいですが、あちゃんにとっては勿論冬山・山スキー・雪洞初めてで物凄い体験をしましたと言ってくれたのでまあ良かったでしょう。
1日目鬼ヶ城への登り、急&ガリ&藪斜面で風も多少ありスキー初心者には難易度高く、あちゃんズリ落ちで足首を捻ってしまい、尾さん優しく山頂は断念。鬼ヶ城稜線14:00には穴掘り開始し、でも毎週の穴掘りは体に堪える。次の日は大快晴でもはや春の散歩。ただ網張スキー場ではあちゃんにヘルメットを被せ、ザックを尾さんが2つ背負い放置プレイ。尾・利先に下りて2時間待ちました。ちょっとかわいそうだったかな~。

Re: 岩手山鬼ヶ城 - びとお

2017/03/07 (Tue) 09:24:23

ちなみに「あや」ではなく「あゆ」さんです。
名前ぐらいは覚えておいてあげてください。
以下、あゆからのメールから。(抜粋)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
昨日は疲れて眠ってしまっていました。今思い返してみるとその時思っていたよりもずっと山スキー超超超楽しかったです。
スキーは少しは滑ることができると高をくくっていましたが、ほとんど滑られず、転び、なかなか進むこともできず、大変でびっくりしました。
あんな今まで生で見たことがない絶景をもっと写真撮れば良かったなあと思いつつ、植村直美さんは写真なんてとらず目に焼き付けていたと本で読んで私はまだ気持ちの面でそこまでは至ってないと恥ずかしさも感じます。しかしながら、見たことを画像として形に残せるのは嬉しいものです。まあまた行ったときに写真撮ります。
山スキー当日は恐怖も楽しさもたくさんあって、一気に、初めて見る景色、初めての環境、初めてのくさや、初めての山スキーや雪洞にアドレナリン出まくりでした。尾さんの奥さんのおにぎり、きりたんぽ鍋、餅入り白菜ラーメン、レモンタンなどおいしかったなあ。特にきりたんぽ鍋の長ネギはおいしかったです。
 一気にあまりにも多くのことを経験して混乱もしていたと思いますが、今日になって思えば夢のような面白い体験でもう一度昨日、一昨日に戻りたいです。
 山に登ったあとはいつも、勉強が薄っぺらいものに見えて学習意欲が萎えるのですが、とうとう受験生になってしまうので早く本気で勉強せねば(笑)
私のまだ短い人生史上、片手に入る有意義な土日にすることができました。

Re: 岩手山鬼ヶ城 - びとお

2017/03/07 (Tue) 09:28:07

photo by あゆ

スノーパーク尾根

Re: 岩手山鬼ヶ城 - びとお

2017/03/07 (Tue) 09:33:37

photo by あゆ

振り返って鬼ヶ城

Re: 岩手山鬼ヶ城 - びとお

2017/03/07 (Tue) 09:35:28

photo by あゆ

犬倉山

ご無沙汰しています - いど

2017/03/05 (Sun) 13:35:30

ご無沙汰しています
久々に山に入ったので生存報告と合わせて投稿
2/27に家族、泉で近所の山(標高553m)に登ってきました
今年こそは青森まで足を延ばせたらなぁ

八幡平 - みほ

2017/02/27 (Mon) 13:53:51

利さん一同が秋駒にいる間、私は八幡平におりました!25日am3:30に秋田市を出発。初めての雪道運転(しかも山道)を体験し、7:30 鹿角で車が雪にハマる。見知らぬ方々に助けてもらい、無事8:30八幡平スキー場から出発。当日は友人の登山ツアーに参加させてもらいました。登りは山頂まで吹雪でしたが、帰りは晴天!樹氷や遠くに見える森吉、焼山などの絶景を眺め無事16:30に下山。山スキーより、スノーシューの方が自分で歩いてる感があり好きです。帰りはレンタカーの鍵を無くしましたが、なんとか19:30に秋田市日帰りに成功しました。6時間雪道ドライブと8時間の樹氷トレッキング最高でした。わたしは比較的安全な登山しかしないので、タイミングが合えば、また流転の皆さんと登りたいです(^^)

Re: 八幡平 - みほ

2017/02/27 (Mon) 13:55:58

下山は晴天。太陽ありがたや

Re: Re: 八幡平 - みほ

2017/03/01 (Wed) 22:32:04

テンションMAX!

あされん - くろき。

2017/02/23 (Thu) 08:45:42

おはようです。
今朝は座頭石正面から取りつき、山頂まで上がり、登山道をバス停の方に下山してきました。1P目は岩にへばりつき、2P目は足拍子の雪稜を思い出させる雰囲気。ここでも結構トレーニングできるじゃない。登山道に出てからは、ラッセルダッシュ。なんせ、出勤時間に遅刻ギリギリですから。
早紀は秋駒へのいい序奏となった事でしょう。 くろき。

Re: あされん - くろき。

2017/02/23 (Thu) 08:47:40

途中アイゼンが外れるも、「朝から気合入るで」と早紀

Re: あされん - くろき。

2017/02/23 (Thu) 08:49:24

オニグルミの葉痕:ひつじ顔 ・・・ 冬の楽しみの一つです

追子森報告 - くろき。

2017/02/20 (Mon) 09:14:36

昨日、泉利馬金黒の5人で、追子森ルート行ってきました。天気はさほど悪くなかったが、森林限界から上は何も見えず、気持ちのいい登山となった。御蔵石下の平場の吹き溜まり乳首ラッセルには気合が入りました。御蔵石上の風雪は顔面を凍らせました。安寿会1年生の金ちゃんには驚かされました。沖縄出身の彼女は、人生で3か4回目のスキー。前回の岩木山の前のスキーは幼稚園の時で、その時は骨折したという苦い思い出のあるスキー。そんな金ちゃんも参加のため、西法寺がいいところと思っていましたが、安定したのぼりで山頂直下でも笑い声が響くほど。山頂に13時に着いたが、これは日没下山決定だなと20時まで覚悟していたが、どっこい、16時半ころに下山となった。下りも安定した滑りで、転んだのは20回以下。こんな新人見た事ありません。しかも、転ぶのはいつもヘッドスライディング。後ろには1回も転びませんでした。これも素晴らしいとしか言いようがない。やはり沖縄は身体能力が高いです。ほっぺには軽く凍傷の痕ができ、ハクも付きました。こういうお方を大切にできる世の中にしましょう。 くろき。

Re: 追子森報告 - くろき。

2017/02/20 (Mon) 09:17:07

追子森後の吊り尾根。先頭を行く大型新人・金ちゃん

Re: 追子森報告 - くろき。

2017/02/20 (Mon) 09:19:34

西法寺の登り。下はだんだん氷化してきて、風も強まる。この後、金ちゃん滑落するも、ちっともビビらず。

Re: 追子森報告 - くろき。

2017/02/20 (Mon) 09:22:38

西法寺上の急斜面。雪固く、つぼで行く。毎週山に行っている運送屋・利も余裕の歩み。泉さん、そろそろ足がつるころ。

Re: 追子森報告 - くろき。

2017/02/20 (Mon) 09:25:51

帰りの西法寺。馬がトップをきる。いいカンジの視界で、興奮度上がる。馬は卒後、県民になってくれ、流転の強力な若手として活躍してくれるとの事。いいど~。

Re: 追子森報告 - くろき。

2017/02/20 (Mon) 09:30:31

やっと人が生きられる世界に戻ってきました。今回もこの辺りまでは、爆音・悪臭を放ち自然になじまない物体がたくさんいました。やれやれ。
皆さんコメントを。

Re: 追子森報告 - 利憲

2017/02/20 (Mon) 11:03:08

週末はいつも通り大変お世話になり、本当にありがとうございました。西法寺山頂では泉さんと今日はこのくらいで勘弁して、たまには2時下山してみたいですねと。でもすぐに登ってくる黒さんを見て、やはり6時までは歩かせられますねと、二人で苦笑い。でも山頂まで行けたので最高の週末になりました。しかも下山中晴れ初め、追子森全貌が見えたときは歓喜の盛り上がり。おかげで小松野でちょっと遅い新年会ができました。それにしても黒さん、いつの間にこんなに写真撮ってたんですか?

Re: 追子森報告 - 利憲

2017/02/20 (Mon) 11:05:21

会長!快調!!山頂!!!

Re: 追子森報告 - 金城

2017/02/21 (Tue) 17:13:09

初めまして。安寿会の金城です。書いていいと言われたので書かせていただきます。
今回は黒木さんに誘われて2回目の山スキーでした。山頂付近では足を踏み外すと落ちると言われたので死ぬのかと思い短い人生だったなぁと考えていましたが、無事に生きて帰って来れた今、幸せです!今回はシールを剥がさずに滑り、思った以上に転ばなかったので楽しかったです。
昨日から2泊3日でスキーの集中講義に来ています。なので少しでも上達し、次の山スキーではシールを剥がしてもっと楽しみたいです。
今回は死ぬかとも思いましたが楽しかったです。誘ってくれてありがとうございました。そして、いつも道具を貸してくれてありがとうございます。
また、今後も山スキーなどをしたいので誘ってくれるのを楽しみに待ってます!

Re: 追子森報告 - 馬

2017/02/21 (Tue) 18:47:02

追子森山行お疲れ様でした。
泉さんとは生保内以来、利さんとは初冬山でした。
卒研ですっかり身体がなまりついていくので必死だろうと踏んでましたが、読図をし先頭を行く機会をくださりとても勉強になりました。相変わらず弱腰なのでもっと自信を持てるようにせねばです。先輩たちが地図を読み、視界不慮の中進む姿はいつもかっこいいです。
しかし、本当に金ちゃんには驚きました。一同感心。
明るく前向きで元気をもらいました。今後の活躍に期待大です!
山頂付近の雪の礫に顔も心も痛めつけられますが、帰ってくるとまた行きたくなる不思議さ。
ずっと追子森の輪郭が見てみたかったので、帰り際一瞬日が差したのはご褒美のよう。美しかったです。
弘前市民として最後の山行、とても楽しかったです。
会長さん誘っていただきありがとうございました。

あけましておめでとうございます - 仙北市 田口

2017/02/16 (Thu) 09:05:45

昨年、生保内川の事案で関わらせて頂きました田口俊彦と申します。まずもって会員皆様がお元気そうで何よりでした。さらに、このホームページを拝見させていただきまして、当仙北市の山々に多数お越し頂き御礼申し上げます。重ねて、黒木様から事故報告書を進呈していただきまして、お礼の挨拶も遅れましてこの場をお借りしましてありがとうございました。これからも会の更なるご発展を祈念しております。

Re: あけましておめでとうございます - くろき。

2017/02/16 (Thu) 13:01:07

田口様、書き込みありがとうございます。その節は大変お世話になりありがとうございました。皆様の温かいご援助のお陰で、今も元気に山に登れています。事故者も元気にしています。
田沢湖は大学生の頃からお世話になっており、駅近くの横丁にはよく通いました。和賀の山は素晴らしく、たまに登らせてもらっています。
まだ寒い日が続くようですので、お気をつけてお過ごしください。 黒木良幸

安寿会追いコン - 利憲

2017/02/13 (Mon) 08:11:29

2/11(土)18:00より安寿会追いコンが北鷹寮娯楽室で行われました。またまたこの場を借りてお酒やお肴を送ってくれたOBの方々本当にありがとうございます。皆様の安寿に対する熱き思いが伝わってきます。そして椿のフライドチキンは学生さんには大人気でした。40も過ぎたおっさんたちには逆川でしか食べれませんでしたが。馬ちゃんの卒業挨拶は真面目にきちんと原稿を書いてきて涙涙の30分。馬ちゃんの熱き思いが会長舟初め現役に伝わり、これからも安寿をしっかり繋いでいってしっかり山に登っていってほしいと思います。そして宴会は、私は24:00にはグロッキーで記憶を飛ばし寝てしまい、4:00に娯楽で目を覚ますと泉・早・か・馬・横・鉄・1年剛志がまだ飲んでいました。元気だね~。そうそう流転からの参加者は黒木一家・鈴・美・か・早・泉でした。

岩木山黒森隣P817 - 利憲

2017/02/13 (Mon) 08:12:37

せっかくなので利・泉・早・1年剛志で行ってきました。娯楽で4:00に目を覚ますと剛志が隣にいたので強制連行。7:00に黒木家に電話をかけ装備一式を借りる手配。朝早くから本当に申し訳ありません。快く貸して頂きいつもいつも本当にありがとうございます。10:00除雪終了点に車を置き入山。最近の弘前の物凄い積雪のため岩木山も膝上ラッセル。追子森尾根に乗るのがめんどくさくなり、急遽赤沢左岸尾根を登り黒森隣P817に13:20登頂。最後の急斜面ラッセルはなかなか盛り上がりました。そして下りはもちろん剛志がヘロヘロになり、心がバッキバキに折れもう山で会えるか心配になりました。ドリカム「何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ~!」

Re: 安寿会追いコン - 利憲

2017/02/13 (Mon) 08:24:19

追いコンの写真撮ってる人たくさん載せてくださいな~


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.