烏の休み場

68667
       ~お願い~                                                                                         お名前はHNでも構いませんが、 同人メンバーの方が書き込む際には匿名記入(もしくは「だれ?」と戸惑うような不可解な偽名)は なるべく避けましょう。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

高田大岳 - 利憲

2017/11/06 (Mon) 07:51:22

11/3(金)文化の日、十和田で我が校サッカーの試合があったので応援がてら登ってきました。
谷地温泉12:30→山頂14:30→谷地15:50
天気も良く気温も高かったので雪はほとんどありませんでした。最後の急登登りも下りも汗だくで太腿が完全に崩壊しました。
ついでに11/4(土)名久井岳、11/5(日)階上岳行ってきました。どちらも車でほぼ行けて20分程歩けば山頂でした。
PSルカの応援Tシャツ、ルカから直々にTELあり、嘉手からも追い込みかけられて仕方なく購入してしまいました。ルカ頑張って~!来年の安寿55周年で会いましょう!!

Re: 高田大岳 - くろき。

2017/11/06 (Mon) 09:25:53

晩秋を楽しんでいます

Re: 高田大岳 - くろき。

2017/11/06 (Mon) 09:28:18

昨日も中学生と。冬よ 来い

Re: 高田大岳 - くろき。

2017/11/06 (Mon) 09:29:50

転がり雪まみれになりながらの楽しいくだり

Re: 高田大岳 - くろき。

2017/11/06 (Mon) 09:30:51

子タヌキが行く

Re: 高田大岳 - くろき。

2017/11/06 (Mon) 09:32:52

錫杖にて。今回は鳳鳴で時間切れ。次は上まで行きましょ。 くろき。

ルカ応援 - kade

2017/10/30 (Mon) 23:24:20

皆さんご無沙汰してます。嘉手苅です。安寿会出身で現在関西でフリースタイルカヤック競技で突っ走ってる倉戸ルカ君が、昨年に続きアルゼンチンで開催されるワールドカップに出場するそうです。相当な遠征費がかかるようなので、興味のある方は下記にて応援よろしくお願いします。

あれ、私も今確認したら申し込み10/31だそうです!明日ですね。ルカもっと早く連絡くれればいいのに! 注文してもいいという方は速攻でお願いします!としのりさん、ここに掲載させてもらいますので、よろしくお願いします。

---下記転載---
フリースタイルカヤックの世界選手権がアルゼンチンで11月27日~12月2日に開催されます。
いつも応援していただいている皆様のおかげで、今年も代表として参戦することができます。ありがとうございます。
日頃の練習成果が発揮できるように、頑張ります!

カヤックによってつながった仲間である、Current grainさんのご協力で、2017世界選手権応援Tシャツを作っていただけることになりました。
「応援するぞ、行ってこーいっ!!」
という方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご支援を宜しくお願い致します。

〇ブルー(綿100%)
サイズ/WS・WM・S・M・L・XL
https://www.custom-japan.com/post-6528/

そうなんです、
お願いして女性用サイズをラインナップしてもらいました♪
青色のTシャツに白でプリント、僕の大好きな組合せです。
スポーティに、街着としても着やすいデザインでまとめてみました。
Tシャツ本体も着心地と着た時のスタイルが抜群に良くなって、昨年よりもブラッシュアップされています。

そして、
化繊100%のドライ素材Tシャツも新たに用意してもらいました♪
こちらはスポーツシーンで着用していただけます。
他のウェアとも合わせやすいネイビーのボディです。

〇ネイビー(ドライ素材)
サイズ/S・M・L・XL
https://www.custom-japan.com/post-6533/

ご購入、お持ちしております。

昨年のワールドカップでも、皆様のご支援がなければ現地に行くことができないような状況の中、皆様からの熱い応援が力強い支えとなりました。
今年も、僕にチャレンジの機会を与えて下さい!
よろしくお願いします。

ワークシャツ
『もっと応援ワークシャツ』
https://www.custom-japan.com/post-6539/

刺繍とプリントをミックスしたワークテイストたっぷりの半袖シャツ!!
ワークシャツの特徴である胸のネームワッペンは、お一人ずつ自分の名前を入れて作ってもらいます。

Re: ルカ応援 - くろき。

2017/11/02 (Thu) 13:09:20

るか、頑張っているね。
10年以上前、大日岳で巨大雪庇から5m位下の斜面にジャンプで滑り下りたのを見て、感心していたのが懐かしいなあ。山にも戻っておいでね。 くろき。

山岳愛好会北八 - 利憲

2017/10/30 (Mon) 08:40:43

10/28(土)やっと生徒1人連れて行くことができました。
酸ヶ湯9:00→仙人岱→大岳11:30→避難小屋昼休憩→井戸岳→赤倉岳→毛無岱→酸ヶ湯15:00
ちょっとだらしない生徒なので根性を叩きなおそうと思って連れて行ったのですが、普段から運動している高校生にはまったく追いつかず、こちらが待ってもらう有様でした。天気は快晴で岩手山まで遠望できました。でも登山道は雪があり凍っているところもあり怖かったです。下山中生徒は2回転び泥まみれになっていました。最後に生徒に「また行きたいよね?」と聞いたら、「疲れたからもういいです」と言われました。「なに~~~!」

追良瀬三の沢(シワラの沢)報告 - くろき。

2017/10/10 (Tue) 11:53:53

3連休、(利)早黒で追良瀬三の沢~二の沢左を行ってきました。初日は1日中小雨で先週の雨の影響もあり、本流は増水気味で、渡渉も大変でした。一の沢出合で利の沢靴が空中分解し、ひとり帰っていきました。三の沢に入り五つ滝を越してC1とした。二人なので川のすぐ脇の手狭な平地(2畳半)で小雨のタープ泊。二日目は三の沢にしっかり向き合い、滝を楽しんできました。早紀の極寒シャワークライムリードは見ていてシビレました。それにしても、体力も良し、気力も充実(ついでに気配り娘)、登る力も付いてきて、感心します。14時頃、向白神につめ、二の沢左を下降。最初の急なガレ斜面では、懸垂をセットする間、竹林でツルツル滑るので両手で竹を掴まらなければいけなく、無防備な顔面をブユにしこたまやられた早紀の顔面は、相変わらず敗戦ボクサーとなっていました。日没5分前まで行動し、今日も沢の脇の星空のもと、いい酒を頂きました。3日目の二の沢下部ゴルジュは、頭を使った懸垂が必要で、なかなか楽しかったです。最後の河原歩きでフラフラとなり、運送屋利の車に乗り込みました。やはり白神の山は素晴らしいです。先月朝日の沢に浮気しそうになりましたが、白神への純愛を貫いていこうと想った3日間でした。さあ、冬に向けて、まだまだやりますよ。 くろき。

Re: 追良瀬三の沢(シワラの沢)報告 - くろき。

2017/10/10 (Tue) 12:12:30

2日目朝一のフリー。真摯に向き合っていきます。

Re: 追良瀬三の沢(シワラの沢)報告 - くろき。

2017/10/10 (Tue) 12:15:19

渾身のシャワー中。フォローしましたが、シャワーから上がった後、心身ともに身震いしました(体温2度低下)。

Re: 追良瀬三の沢(シワラの沢)報告 - くろき。

2017/10/10 (Tue) 12:18:59

小滝も多いです。へつり、登攀、巻きを駆使。

Re: 追良瀬三の沢(シワラの沢)報告 - くろき。

2017/10/10 (Tue) 12:24:41

秋ですよパート2

Re: 追良瀬三の沢(シワラの沢)報告 - くろき。

2017/10/10 (Tue) 12:27:21

二の沢下部ゴルジュ最奥の滝の懸垂。
次はこの人幅チムニーを上がりましょうか!?利が。

Re: 追良瀬三の沢(シワラの沢)報告 - くろき。

2017/10/10 (Tue) 12:30:15

秋ですパート3。泳ぎに身震いの秋。
パート1は下に飛んじゃいました。
早紀もコメントちょうだいな。 くろき。

Re: 追良瀬三の沢(シワラの沢)報告 - さき

2017/10/15 (Sun) 22:28:35

この沢は、今年の総集編でした。
初めてやらせてもらうこともたくさんありました。
黒さんと、というか誰かと二人で行くのも初めてでした(途中までは3人だったのに)。人数が少ない時ならでは?のスピード感もあったし、逆にもしここで何かが起きて黒木さんが動けなくなったらどうしよう…私は助けられるのかな、そんなことばかり考えて緊張してしまうときもありました。結果、私がいろいろやらかして黒さんにカバーしてもらいっぱなしでしたが←
朝練以外で懸垂をセットして降りるのも初めてだったし、滝をリードで登るのも2回目、でも、朝練の延長線なんだなとも感じました。やはり週一でもやるのとやらないのとじゃ全然違う。
また、山に入ると2泊3日四六時中そのメンバーと一緒にいます。そうするとその人のことを今まで以上に深く見て、考えることができ、心理的距離もぐっと縮まる気がしました。大勢での登山も楽しいけれど、たまには2、3人の登山もいいものだなと思いました。
夜、2晩とも星空を眺め、2泊目は月が東から西へ移動しているのを感じることができました。ごはんもおいしくて、山にいると生きていることを強く感じます。
詳しくは報告書にかこうとおもいます。
たくさんの経験を積ませてもらい、今年は無事沢シーズンを終えられそうです。来年も頑張ります。ありがとうございました。

日本の演歌とスコットランド民謡 - うさぎ777

2017/10/12 (Thu) 06:57:34

日本の演歌とスコットランド民謡

http://park.geocities.jp/j_con4/0204/p045.html#page296

「ヨナ抜き音階」で双方とも同じだった。

( http://sky.geocities.jp/datepedia/02/update.html )

( http://park.geocities.jp/jpcdebate/0103/p038.html )

( 個人的意見 )

無題 - くろき。

2017/10/10 (Tue) 12:23:12

秋ですよ。
流転に入るとこういう景色を見れます。

森吉山 - 利憲

2017/10/02 (Mon) 07:34:02

10/1(日)ドライブ観光行ってきました。前日居眠り運転しながら6時間移動。森吉遠過ぎ。17:30なんと阿仁スキー場行く道路を熊が横切る。さすがマタギの里。その晩満点の星空だったが、パックワインの匂いにおびき寄せられた熊に襲われそうで、テント内から時たま叫ぶ。次の日またまた熊が怖いので軟弱にゴンドラ使用。快晴だったのでたくさんの登山客がいて一安心。1時間で森吉山頂。ハイキングにしても軟弱過ぎたな~。でも岩木山まで遠望できるほど快晴だったのでまあよしとしよう。帰り打当温泉と熊牧場まで行ってしまった僕。またまた長い長いドライブをして完全に観光しに行っただけでした。

自然クラブ岩木山登山報告 - くろき。

2017/09/24 (Sun) 16:56:53

昨日、小学生10名を連れて、百沢~嶽コースを行ってきました。流転や安寿会からも強力なお手伝いを頂きました。感謝します。朝、桜林の旬の栗の木でダイナミック栗拾い(黒木が木に登り枝を揺すって熟した栗を落とす)。子供達の歓喜の声。山中でもアケビ、さもだしを頂きました。錫杖ではおいしい水を全身で味わい、山頂まで上がりました。午後から雷注意報だったので、長居はせず、8合目まで下りて昼食としました。さもだしラーメンに子供も大盛り上がり。頭突きしながら、大なべに顔を突っ込んで奪い合っていました。下山では足の痛い子が続出し、安寿会の優しさもあって、リュックを持ってもらっていました。小学生の頃から、5回/年、岩木山に登るとそれがこの子たちにどんな影響を与えるのか、気になるものです(多い子はもう既に13回も登っているのです)。山は暖かく優しく厳しく人を包み込んでくれる力があるので、きっと良い方向に向く事を願って、今後の活動も頑張りたいと思います。今後ともご協力をよろしくお願いします。

Re: 自然クラブ岩木山登山報告 - 利憲

2017/09/25 (Mon) 10:50:49

自然クラブお疲れ様でした。そしてお世話になりました。流転からは黒木家・泉・利・馬、安寿からは翔・徳・実・七・奈・金参加。いつもいつも子供たちからパワーをもらいます。打ち上げは黒木家で盛大に行われ、何故か井戸・千ちゃんも古川から駆けつける。ABAカメラマンも参加してくれ、今度は必ず放送日時連絡ください。そして深夜1:00頃?黒家中庭で井戸・翔の相撲大会が繰り広げられ、あまりのうるささに和さんも目を覚まし、相当ご近所迷惑だったかも。気を付けなはれや!

Re: 自然クラブ岩木山登山報告 - くろき。

2017/09/28 (Thu) 09:16:20

ABA放送日時
10月6日(金)18時15分からのニュース番組内です。よろしくね~。

笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:21:30

3連休、笹内支流~ウズラ石沢を行ってきました。「目の前の課題に真摯に向き合う」姿勢で取り組みました。釜への飛び込み、泳ぎ、滝の登攀、草付、巻きなど多彩な要素が詰まった沢です。この支流はかなりおすすめです。計画では3の沢も繋げる予定でしたが、大型台風接近を考慮して、ルート変更しました。小屋に逃げ込むため、2日目は14時間半行動。暗くなったウズラ石沢を声出しで乗り切り、20時半に山頂着。台風だから誰も居ないだろうと思いましたが、先客2名あり。居眠りしながら芋を飲み、外の強風を肴にしました。向白神でこの台風の風を受けていたら、さぞかしな事だったでしょう。そういう方向性で山に向き合っていきましょう。今回、かみん、早紀にもリードしてもらいました。そろそろ、私の出番はなくなる頃ですね。 くろき。

Re: 笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:22:48

果敢に攻めるかみん。この後、落ちて振り子トラバース。

Re: 笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:24:33

2日目一発目の滝。かみんナイスリード。得意の金ちゃん銀ちゃんムーブ。

Re: 笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:28:08

早紀リード。朝練の効果大。実は結構難しい滝を水流に入りながら、ナッツ・アブミで乗っ越す。金ちゃん銀ちゃんはハングアブミで後方宙返り。滝上部の幅20cmの隙間を颯爽と通過(誰もマネできません)

Re: 笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:31:37

中年いっこ。度肝を抜く100mスラブ滝(巨大ボーリング場)を行く。

Re: 笹内支流 - くろき。

2017/09/19 (Tue) 12:34:43

14時間半行動の末(暗闇の沢登り)、台風から逃げ込む。快適・安全な山頂ホテル(男子便所内)
皆さん、感想をお願いねえ。 くろき。

Re: 笹内支流 - かみん

2017/09/22 (Fri) 07:59:04

風が強まる暗闇の中、パーティーは高揚感と一体感に包まれていました。また思い出に残る山行ができましたね。さきの華麗なリードや金ちゃんの穴熊のように岩の隙間を這い上がる姿にも驚きましたが、下山後20kmランで車を回収しに行く会長には言葉もありませんし、誰も真似できません。お疲れ様でした。

Re: 笹内支流 - 利憲

2017/09/22 (Fri) 12:07:50

確かに下山後車を回収しにハーフマラソンをすると聞いたときは、100mスラブ滝を見たときよりも度肝を抜かれました。そしてやっと気持ちの整理がついたので投稿します。今回黒木さんの判断・実行力のおかげで命拾いしました。入山するときから自分の中で、今回は台風接近のため鞍部までだろうと考えていました。鞍部で三の沢に突っ込むかどうかという考えがでてきたとき、頑なに反対していました。ウズラ石沢に行くと言ったときもマジかと思いましたが、小屋に逃げ込むのは勿論大正解でした。でもそのまま来た道を辿って下山するのが一番安全だったはずなのに、なぜわざわざ危険を冒してまで突っ込むのか?そう危険を冒してまで突っ込まなければ得られないものがあるからです。私は黒木さんのような度胸も実行力も勿論体力・技術もないので、今まで安全策しかとっていませんでした。またウズラ石沢二股で17:30、精魂尽き果てていたので台風が来ないことを願って高台でビバークしませんか?と黒木さんに言ったとき、バカなことを言うな!「帰れなくなる」と言われました。全くその通りであの暴風雨の中、小屋でなく外でビバークしていたら低体温で死んでいたかもしれません。あの「帰れなくなる」は増水で帰れなくなるのか、低体温で死んでしまうのか、どちらの意味だったのでしょう。最後に白神登山口から十二湖までいっこさんと歩いているとき、いっこさんが体力的にもう流転の山行に参加できなくなるかもと言ってきました。ドキッとしました。自分も体力・軟弱のため少し同じことを考えていました。生保内・笹内と自分にとって体力・技術・精神力とあまりにもかけ離れ過ぎていて、もっと自分に合った山行を模索した方がいいのかなとも思っていました。でもやはりたまには流転のギリギリの山行も経験して、これからも自分を高めていきたいとも思いました。まあ死なないように頑張るしかないね。皆様お疲れ様でありがとうございました。

青森県高校山岳部秋季大会岩木山 - 利憲

2017/09/11 (Mon) 08:03:47

9/9(土)百沢7:30→山頂13:30→岳8合目15:00バスで下山。高校生68名・顧問20名、黒木・稜真出現。自然クラブより軟弱でカラス女子3・姥石男子2・焼け止まり男子2・顧問1脱落。何とか山頂まで辿り着き、突然小雨・雷で記念写真撮らず速攻下山。夜も桜林でキャンプ中突然の雷雨で高校生は顧問の車に緊急避難。様々勉強になった週末でした。ありがとうございました。写真は錫杖清水で行列できる。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.