烏の休み場

84205
       ~お願い~                                                                                         お名前はHNでも構いませんが、 同人メンバーの方が書き込む際には匿名記入(もしくは「だれ?」と戸惑うような不可解な偽名)は なるべく避けましょう。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

令和元年寮生登山 - 利憲

2019/05/20 (Mon) 07:53:33

5/18(土)総勢21名(流転利・泉・早・鉄・丸、1年男5人・女1人)で快晴の中嶽往復行ってきました。2班ありましたが、もう班はほとんど関係なしの下見のような速さで予定よりも1時間半巻いて山頂・下山。流転でコシアブラを頂き、山頂ラーメン・打ち上げでもおいしく頂きました。今回は大人しくしていようと思っていたら、朋寮1年室蘭出身がなんと高校時代山岳部ということでテンションマックス。早速今週末も和と3人で八甲田の約束。男どもはすでにフットサル部とか同室の先輩安寿会員に誘われたからと。ちなみに今の安寿会員は北鷹寮1・4階、朋寮1階が多いです。さらにちなみに今の北鷹寮は2階が元気で仲良く、寮費は3万だそうです。話しは戻り、下山後嶽温泉好きなところにそれぞれ入浴し、打ち上げも1時間半巻いて18時前から始まり、泉大先輩は21:00に意識不明重体。私はというと卒業生翔様がほろよいサワー30本くらいとポテチを送ってくれたので、間違ってほろよいサワーを飲み続け一向にほろよいにもならず。金は有頂天で珍しく嘔吐。翔本当にありがとう、新歓コンパ遊びに来てください。私は12時頃くたばりましたが、現役と早・鉄は2時まで飲んでいたそうです。ちなみにこの日椿の結婚式が八戸で行われ、馬はお呼ばれされたそうですが、早・鉄は呼ばれず寂しそうに傷を舐め合っていました。今回の寮生登山、1年生が6人しかおらず、その中で期待できそうなのは2人くらいかな?現役生(特に和)にはこれから安寿存続のため頑張ってほしいものです。(日)午前は泉・丸・利、座頭石で遊んできました。午後は黒家で海外遠征ミーティングだったそうです。それにしてもいつまでも安寿に依存し、安寿から卒業できない利でした。そしていつものことですが、この報告には私の主観が多分に入っているのでご了承を。皆様お疲れ様でした。

第1回自然クラブ岩木山登山 - 利憲

2019/05/13 (Mon) 12:52:52

5/11(土)岩木小5・6年生19人、保護者3人、流転自然クラブ黒代表・和・稜・馬・丸・大・石・利、安寿金・和で嶽8合目往復行ってきました。小学生と交流を深め、子供たちも尻滑りを楽しんでくれたと思います。打ち上げも黒家で盛大に行われ、ABAカメラマンが来てくれたので相変わらず飲み過ぎました。それにしてもこの自然クラブ岩木山登山が実施できるのも、黒代表が安寿の頃からやってきた寮生登山・下見と数々の苦悩・快楽を味わってきたからだと思います。さあ今週末は寮生登山です。安寿存続のため(飲みも)頑張ってほしいものです。

GW岩手山縦走 - 利憲

2019/05/06 (Mon) 11:48:48

令和元年5/2・3泉がやっと休みになったので二人で行ってきました。
5/2岩手高原スノーパーク7:00→以前丸が雪崩に遭ってなくした山スキー捜索するも見つからず残念→鬼ヶ城→得意の小屋内テント泊14:40
5/3小屋7:30→山頂お鉢一周→御神坂下山13:00
1日目は吹雪烈風・ちょっと藪漕ぎ・アイゼンピッケル歩行ありのなかなかのバリエーションで誰もいませんでした。2日目は快晴で私らが山頂へ向かっていると8合目には20人くらいが登ってきました。岩手山は雪が少なく、久しぶりの歩行下山は足がガクガクになりました。下山後玄武温泉に立ち寄り、御所湖畔で打ち上げテント泊。前泊からの3日間、青森vs福島酒豪対決が繰り広げられ、泉もなかなかの強敵です。毎日ビール2l・パックワイン1本、2/3日間泉記憶を飛ばし、勿論世界チャンピオン勝利!翌午前まったり繋温泉・盛岡モンベル・じゃじゃ麺ととても楽しいGW後半でした。泉ありがとう。ただ山よりも酒疲労の方が半端ないです。
PS GW鈴さんより頂いた自衛隊戦闘食料で生き延びてしまいました。ありがとうございました。

Re: GW岩手山縦走 - 泉

2019/05/12 (Sun) 22:03:36

GW暇なので安達太良山へ。
4/296:00スキー場~8:20山頂~下山10:00途中金より寮生登山のお誘いがあったので参加の返信。
その後利さんに連絡を取り岩手山へ。今回思ったのは、行ったことの無いルートは楽しかったです。初めてのルートはワクワクしました。

西の空から2 - キャベツ(ナカモリ)

2019/04/24 (Wed) 09:25:45

広島在住の11ナカモリです。先週末は薄と徳島県の百名山、剣山(つるぎざん)へ
行ってきました。平地では連日の20度越えなのですが山頂付近は積雪が増えザクザク、ツルツル…
懐かしい感触でした。山頂付近は1℃でした。



安寿現役の妹がかみんさんと岩木山に行ったと嬉しそうに話していました。
私自身もかみんさん達と沢山下見登山に行ったことで岩木山と山が好きになりました!


かみんさんの現地でのご活躍を願っております。行ってらっしゃい!

Re: 西の空から2 - キャベツ(ナカモリ)

2019/04/24 (Wed) 09:28:25

山頂にて

Re: Re: 西の空から2 - キャベツ(ナカモリ)

2019/04/24 (Wed) 09:58:13

写真

岩木山百沢往復 - 金城

2019/04/22 (Mon) 17:20:21

4/20(土)に大智和金で岩木山百沢を往復してきました。7:50百沢スキー場→10:00焼け止まり→12:00山頂→13:50スキー場。初めてお会いした智さんは小柄だが力強い登りでガンガン進んみ、これは負けてられないなと思うほど登る姿がかっこよかったです。天気も良く鳳鳴までスキーで登りスキーをデポして山頂へ。登りの途中に子熊みたいのがいました。初めて見たがが、ゆっくり歩く姿や小さい感じがなんか良かったです。下山のスキーは、鳥海斜面は滑りやすくてとても楽しく満喫しました。智さんと大さんはスキーがうまく、カッコよく滑っていて羨ましかったです。残り少ない今シーズンの山スキー、もう少し楽しみたいな。

岩木山百沢嶽 - 金城

2019/04/22 (Mon) 17:25:55

かみんさんの壮行会翌日4/21(日)に安寿の奥巧雪和金、流転利か紫で岩木山百沢嶽の下見登山+かみんさんインドネシアへ行く前最後の岩木山に行ってきました。現役も居て流転もいる登山は久々だったのですごい新鮮で面白かったです。下山では雪も多く、尻滑りが沢山できてみんなでワイワイしながら下山できてすごい楽しめました。寮生登山の時も沢山雪があればいいな。
下山して、かみんさんとバイバイする時やっと実感が湧いてきて泣きそうになりました。かみんさん、いってらっしゃい!

壮行会のお礼 かみん

2019/04/22 (Mon) 08:26:18

今回、2年間日本を離れるにあたり温かい応援のメッセージ、お餞別を頂きありがとうございました。本当は一人一人に感謝の気持ちを伝えたいところですが、この場を借りてお礼申し上げます。今はこれから始まる未知の世界への不安が大きいですが、山や飲みで皆さんと過ごした時間、東北の美しい山を思い出し、また帰ってこれる場所があるということを支えにこれから2年間頑張ってきます。
7月まで研修があり、出発は8月頭になりそうです。インドネシアにお越しの際はぜひ連絡下さい。お待ちしています。写真は昨日の寮生登山下見に参加したものです。 かみん

南八櫛ヶ峯 - 利憲

2019/04/22 (Mon) 08:02:13

4/20(土)快晴、かみん壮行会へ行くため1人で登ってきました。
城ヶ倉大橋10:00→横12:00→櫛13:30→横14:30→城15:30
このルートは20年前寮の泰の部屋に居候しているとき、厳冬期鈴さんと何度も敗退したルートです。やっと櫛まで行けたときは鈴・鹿・ルカの4人で櫛麓に雪洞泊。1日目フラッグを立てて進みました。まあ次の日は快晴だったのですが。20年経った今も視界良好でなければ怖くて行けません。成長できないな~。横から見た櫛は物凄く遠く感じましたが、この時期は意外に行けてしまいますね。山スキーの機動力は素晴らしいです。あの頃櫛まで行けたとき、やっと現実から目を背けてはいけないと思い、もう一度教員に戻ろうと決心した思い出深い山です。そしてあの頃以来かな?大川原温泉200円に入浴し黒木家に向かいました。

かみん壮行会 - 利憲

2019/04/22 (Mon) 08:03:46

18:00より黒木家で盛大に開催されました。参加者、鈴家・井戸家・嘉・美・泉と職場の人・馬・金・和・大・新人・か・利です。早はいませんでしたが、かへのハナムケ寄せ書きスライドショーを制作。とても素晴らしかったですありがとう。それにしても大が気を遣ってくれてパックワイン1.5l(チリ産フロンテラ)を買ってきてくれたものだから、鈴さんにガンガン飲まされ相変わらず記憶を飛ばし22:00前にはひっくり返りました。みんなは3:00まで飲んでいたそうです。次の日はかインドネシアへ行く前最後の岩木山に現役下見とコラボしてきました。詳しい報告は金より。

馴化登山2回目 - くろき。

2019/04/15 (Mon) 11:32:15

こんにちは。利も八甲田を地域研究か。
私らは週末、泰早金丸黒の5人で馴化登山2回目でした。前回同様、若い順に強く、丸はぶっちぎりでした。金は登りも下りも速く、早は面倒見よく様々な面で気配りをしてくれました。私も泰も、若者から遠く離れてついていきました。ルンペンは前回の反省を生かして、夜間のおろしに備えてタープ上に雪ブロックを上げました。2日目は風の強い中、金丸コンビだけお鉢回り。中年もまだまだ頑張っていきましょう。 くろき。

南八駒ヶ峯 - 利憲

2019/04/15 (Mon) 07:43:17

4/13(土)新学期1年担任激務の中、負けじと1人で雪の回廊ピクニックに行ってきました。
猿倉温泉9:30→猿倉岳11:00→駒ヶ峯12:00→猿倉岳13:00→猿倉温泉14:00
この時期の快晴八甲田は絶景最高です。まだまだあちこちに行きたいと思いました。櫛まで行こうと思いましたが、来週激務のため自粛。ツアーの方々に出会い、初めてうろこスキーなるものを見せてもらいました。山道具もいろいろ進化しますね~。だがしかし山道具よりも自分自身がまだまだ進化したいと思いました。終わり

大雪・知床の旅 - くろき。

2019/04/02 (Tue) 18:03:47

あおいが高校生になるので、家族で北に向かいました。「人がいない寒い所に行きたい」という希望だったので・・。
3/29は旭岳を目指しましたが、下部は深いラッセル・上部は低温(-15度くらいかな)と風で2000弱で引き返しました。上部はピッケルてカッティングしないと長靴では厳しかったです。3/31は知床の海別岳に行きました。この日は1日晴れていたので、上まで行き知床の絶景とわずか残る流氷に北を感じました。海別や斜里などなかなかいい山がこの界隈にはありますね。条件のいい山では、あおい山人はもとより、稜真にも体力で敵いません。すっかり年寄りですが、まだ諦めずに上を目指そうと思った北の旅でした。 くろき。

Re: 大雪・知床の旅 - 利憲

2019/04/03 (Wed) 08:33:49

あおいちゃん高校進学おめでとうございます。おー春休み家族で北海道行ってたのですか?!あれれ、では南八の和さんへの緊連、北海道で受けたのですか?この時期北海道へ長靴で行くのは無謀ですよ~。

Re: 大雪・知床の旅 - くろき。

2019/04/04 (Thu) 09:36:14

旭岳1750mくらいか。低温に風で稜真は泣き虫へ。

Re: 大雪・知床の旅 - くろき。

2019/04/04 (Thu) 09:38:11

旭岳1950mあたりで撤退。帰りは滑落に備え、アンザイレン。子供にとっては電車ごっこ

Re: 大雪・知床の旅 - くろき。

2019/04/04 (Thu) 09:40:53

斜里のあたり。タイミングよく押し寄せてくれた流氷。流氷はしょっぱくありません。

Re: 大雪・知床の旅 - くろき。

2019/04/04 (Thu) 09:42:51

しれとこ・海別岳へ。朝一から標高差1200mのアルバイト。長靴でやっと行ける雪面の硬さ。

Re: 大雪・知床の旅 - くろき。

2019/04/04 (Thu) 09:45:26

山頂への最後の登り。マイナス5~6度だが、旭岳で慣らしてきたのでへっちゃら。条件がいいと小学2年生にも置いていかれます。

Re: 大雪・知床の旅 - くろき。

2019/04/04 (Thu) 09:48:31

海別山頂。奥は知床連山が続く。次来るときは、知床連山縦走だな。5日あれば先端まで行けるかね。 

Re: 大雪・知床の旅 - くろき。

2019/04/04 (Thu) 09:51:00

チプタチカップカムイの食痕。これを見て、丸木舟を掘ろうと思ったというのだから、自然に対する観察眼を深めていきたいものである。知床は私の一つの原点でもあるので、海別に行けてよかった。いい旅でした。 


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.