烏の休み場

64159
       ~お願い~                                                                                         お名前はHNでも構いませんが、 同人メンバーの方が書き込む際には匿名記入(もしくは「だれ?」と戸惑うような不可解な偽名)は なるべく避けましょう。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

H29年第1回自然クラブ登山 - くろき。

2017/05/22 (Mon) 11:12:34

こんにちは。20日、自然クラブ登山を行ないました。小学生23名、総勢38名で、嶽~8合目を往復しました。山菜、新緑、尻すべり、広大な眺望を楽しんできました。無事登山を行なえたのも、流転メンバーと安寿会のご協力があったからです。心から感謝します。今後ともよろしくお願いします。
写真は、登山後の反省会で夢を見る利

Re: H29年第1回自然クラブ登山 - くろき。

2017/05/22 (Mon) 11:15:14

GWの山菜採りの絵

Re: H29年第1回自然クラブ登山 - くろき。

2017/05/22 (Mon) 11:20:17

たら・ハリギリ・の天ぷら、コシアブラ・こごみの和え物、ミツバアケビの巣ごもり、シオデ肉巻き、オオバキスミレ・シドケ・ぼんな・カタクリのおひたし、秋田フキの炒め煮、・・。山菜宴会は楽しいです。 くろき。

自然クラブABAテレビ放送 - 利憲

2017/05/11 (Thu) 07:26:17

流転の皆様おはようございます。会長さんが控えめなので、私が代わりにずうずうしく宣伝させて頂きます。本日18:15~19:00ABAスーパーJチャンネル特集で自然クラブテレビ放送します。青森県人はビデオに撮って見るように!!

自然クラブ第1回岩木山登山 - 利憲

2017/05/22 (Mon) 09:06:21

5/20(土)岳コース8合目駐車場まで快晴の中、黒木隊長を先頭に総勢36名+ABA取材班2名&カメラ助手翔で行ってきました。流転(か・馬・利・和・椿・泉・山・稜)&安寿(翔・さ・由・金)参加。子供達も大いに喜んでくれ、将来の流転候補生を何人か見つけることができました。コースタイムも1時間早く下山し、メンバーは変わっているはずですが、自然クラブ発足3年目ともなると雪道歩行技術が確実にレベルアップしているような気がします。今回は2日酔いで参加せず社会適応者のつもりでいましたが、8合目手前でオケツを出すと女子に大大大嫌われ、これから自然クラブに参加できるか心配になりました。でも野郎共は本当に優しく、私とまた山に登りたいと言ってくれました。黒さんまたまたABA放送日時決まりましたら連絡ください!!

座頭石正面 - 利憲

2017/05/22 (Mon) 09:07:52

5/21(日)せっかくなので10年ぶりぐらいに泉・か・馬・椿・利で岩登りしてきました。利以外みんな軽やかに登っていき、相変わらず利は高所恐怖症の下手くそすぎて、頑張って練習しないと沢に行けないと再確認しました。
ガンバロー!!

寮生登山 - 利憲

2017/05/15 (Mon) 11:16:55

5/13(土)安寿が復活して何回目?寮生登山が挙行されました。現役33名、流転7名(黒・稜・泉・か・早・馬・利)、総勢40名で百沢→岳行ってきました。天気は曇りという感じ、視界はまあバッチリ、風はほぼなし。みんな楽しく登れたのではないかと。
ただあと50分くらいの場所で1年生が木にぶつかり太腿を打撲。翔が背負い方で下山。いろいろ考えさせられる山行になりました。まずは私が先陣切ってノンストップソリ滑りをしたのもまずかったのですが、下山は班など関係なしにみんな適当に下りる。そして私が思うに最近の寮の体制が今回の事故を起したのではないかと。最近の寮は新歓行事がなく先輩が1年生の面倒を見るというのが確立されておらず、今振り返ると山の実力以前に先輩が1年生に話しかけるとか、恐ろしいのは同期ですら顔も名前も知らないというのがあったり、人間関係の希薄さが今回の事故の大きな要因なのではないかと。勿論今回班長が1回も岩木山山頂まで行ったことがないという山の経験不足もあるのですが、やはり思い出すと班内での会話がまったくないとか、様々な要因がいつも通り絡んでいたと思うのですが、1番の原因は先も述べた今の寮の体制だと思います。残念ながら今の安寿に山の経験不足を補えるだけの人間力が備わっていなかったのだと思います。
そして私も今回OBとしてどういうスタンスで参加すればよかったのか考えさせられました。事前に計画書も現役との連絡も何もなかったので、申し訳ないですがただ見守るくらいの気持ちでいたのですが、蓋を開けると班に名前はあり、でも私もすぐに出しゃばってしまうので、なるべく出しゃばらないようにと思っていたのですが・・・。
最後に泉大先輩が横暴ぶりを発揮しました。岳バス停隅っこにいたらバスに気付かれず最終バスが通過。寂しそうにしていたら回送バス運ちゃんに「乗ってくか?」と。無料で黒家前のローソンまで乗せてもらったそうな。路線バスをタクシー代わりに使えるのは泉大先輩だけでしょう。そしてやはり津軽の人は「あったかいんだから~」。
 勿論反省会(飲み)は盛り上がり、薄・悠から酒・おかしが送られていて来年結婚するそうですよ。めでたしめでたし。

GW屋久島野郎飲んだ暮れ野宿旅 - 利憲

2017/05/09 (Tue) 08:13:08

日本百名山最南端宮之浦岳に泉大先輩と登頂してきました。往復16kmのコースをダラダラ小雨・ガスの中、ラスト30分くらい山々が姿を現しました。いつもの流転スタイルで人気のない場所にテント泊。次の日早朝暗闇の中登山道に戻ろうとすると山道からヘッドラの明かりが…。怒られそうなので速攻ヘッドラの明かりを消し姿を隠す。今回の山行でこのときが一番盛り上がりました。レンタカーの屋久島一周観光は屋久猿・鹿に遭ったり、露天風呂に入ったり、海で泳いだり、14:00明るい内から海水浴場で飲み始め、19:00日暮れには酔い潰れいつも通り野宿でした。

Re: GW屋久島野郎飲んだ暮れ野宿旅 - 利憲

2017/05/09 (Tue) 08:35:49

何も見えない中登頂

5/5 こどもの日岩木山登山 - みほ

2017/05/07 (Sun) 12:28:42

ラッキーなことに休みが被ったので、当日早朝に合流し参加させていただきました♪ 朝2:45頃に秋田市を出発し、日が昇る中くっきりと浮かぶ八幡平を眺め、5:30頃弘前入り。やはり岩木山を見るとテンションが上がりますね!黒家にてOBOGの方々と、少し大きくなった子供たち、久々に会う馬と早と合流。なんだかホッとしました(^^)
今回は百沢ピストン!この時期に百沢くだりは初めてなのでわくわく。7:00頃登山開始--烏---焼け止まり小屋---13:00頃山頂---14:00下山開始--16:15下山完了と、快晴で風も落ち着いてる中比較的順調な山行になりました!それにしても、先陣を行く黒さんにぴったりとついていく子供たちの体力、気力に驚き。「がんばれー!」と上からの可愛い声援に癒されました(^^) 途中泣き言を言いつつも登り切る彼らは、並のことでは挫けない強靭な精神を身につけつつあるのではないでしょうか。鳥海斜面にて、上空を白い鳥が三羽飛んでいましたが、あの鳥はなんだったのでしょう。
下山は8合目から2合目くらいまでソリ&尻滑り!途中、貸していただいた私の黒家ソリが半合ぶんくらい1人で駆け下りていきましたが、雪庇に捕まり待機していました。取ってくださった山さんに感謝。子供も大人も皆笑顔での下山となりました(^^)百沢ソリ良いですね!
下山後は小松野で温泉、ごはん。仕事のため長くはいられませんでしたが、皆さんと久々にお会いして一緒登れとても楽しかったです!!いつも素敵な機会を作ってくださる黒家に感謝。また遊びにきます(^^)!

Re: 5/5 こどもの日岩木山登山 - 馬

2017/05/07 (Sun) 22:36:46

子どもの日登山、おつかれさまでした!
やっとのチャンスをつかんでの岩木山だったね。
コメントのお陰で、また楽しかった山が思い起こされたよ~。
また山で、地上で、よろしくです。

寮生登山下見②&黒木家自然クラブABA取材 - 利憲

2017/05/01 (Mon) 07:43:02

4/30(日)翔・鉄・実・颯・金・剛・健(山岳部)・利で百沢→岳行ってきました。黒家は百沢→百沢でした。快晴でしたが鳳鳴からはかなりの突風。現役たちは七転八倒。でも山頂で黒子供達は何もなかったかのように楽しく小屋屋根尻滑りしていました。稜にいたっては「風が足らん!」と言っている始末。末恐ろしい・・・。そして金はやはりバランスがいいのか、ピョンピョンピョンピョンウサギのように物凄いスピードで下りていきます。完全に沢向きですね。しかも8合目リフト乗り場横岳コースに下りようとするも、沢からの突き上げる突風で何度も押し戻される。なんとか気合いで乗り切り、金は楽しいと言っていました。変態への扉を開けつつある。あとはいつものごとくソリでノンストップ2時間でした。下山後寮生登山本番この突風が吹き荒れていたら山頂突っ込むか迷うねと現役と話していました。そしてうれしいことに現役たちも壮行会(飲み)→山→温泉→反省会(飲み)とこの一連の流れがやっと身についてきたようです。いいぞ~~!!
百沢7:30→山頂12:15→昼食13:30→岳15:40
そうそう黒さんABA放送日時教えてください!

裏岩手姥倉山 - 利憲

2017/04/24 (Mon) 07:51:38

4/23(日)早泉翔さ金利で行ってきました。翔さは山スキー初。
松川温泉8:40→山頂13:00→松川16:30
湯の森でまたまた熊の足跡がありました。今年も熊は活発に動き回っているみたいです。
山頂直下大斜面上部をスキーでトラバースすると大ハプニング。詳しい話はまた今度。怪我なく無事生きていて本当に良かったです。私の危険察知能力なくて皆さんにご迷惑おかけしました。ごめんなさい。でもこれに懲りずさ金また山に登りましょう。早ちゃん写真あったらアップしてね。

Re: 裏岩手姥倉山 - びとお

2017/04/24 (Mon) 08:04:28

裏岩手に行ったなら、ちょうどクライミングサポーターが出始めているころだと思いますよ?
収穫してくればよかったのに。

Re: 裏岩手姥倉山 - 利憲

2017/04/24 (Mon) 08:12:06

ありがとうございます。その目的で行ったのですがやはり見つけることはできませんでした。
そうそう4/22(土)八戸図書館行ったら偶然ブーファミリーに会いました。速攻逃げられ逢うのは黒家だけにしてくれと言われました。(笑)でもやっと生保内報告書渡せました。

Re: 裏岩手姥倉山 - 早紀

2017/04/24 (Mon) 12:30:16

私も今回の事は危険を感じたのにスルーしてしまったことが悔やまれます。本当に皆無事でよかった。あと、最後は皆楽しそうにスキーを滑っていたのでよかったです。クライミングサポートをもっと本格的に捜索する時間欲しかったですね(>_<)
写真アップします。1枚目は山頂手前の急斜面途中の金ちゃん。背景は岩手山です!

Re: 裏岩手姥倉山 - 早紀

2017/04/24 (Mon) 17:36:09

山頂から望む秋駒

Re: 裏岩手姥倉山 - 早紀

2017/04/24 (Mon) 17:37:20

山頂で寮食を喰らう翔

Re: 裏岩手姥倉山 - 早紀

2017/04/24 (Mon) 17:39:19

山頂にて全員集合写真。このおよそ10分後に事件が。

4/15(土)南八横岳 - 利憲

2017/04/17 (Mon) 07:53:54

オハヨー様です。寮生登山下見壮行会のため泉大先輩と行ってきました。当初逆川岳に行く予定が横岳直尾根に乗ってしまいルート変更。小雨・風・ガスで何も見えない中横岳登頂。逆川岳に向かおうと思ったのですが遭難しそうなので敗退。相変わらず読図は全くできません。(泣)


安寿寮生登山下見壮行会 - 利憲

2017/04/17 (Mon) 07:54:56

下山後17:00から泉先輩と娯楽で飲み始め、どんどん人が集まってきて20人くらいはきたでしょうか?なぜか追いコンしたはずの鉄がいました。利はパックワイン2本空けてグロッキー・・・。

4/16(日)寮生登山下見 - 利憲

2017/04/17 (Mon) 07:56:17

泉・馬・早・椿・鉄・翔・舟・鍋・亜・徳・利11人で行ってきました。朝岩木山バッチリ見えていたのですが、登り始めガスの中鳥海斜面突風で困難な登山になりました。何も見えない中トラバースし過ぎてダイレクトで山頂を目指してしまい、あまりの急斜面でおかしいと思っていると、ガスが晴れ一気に視界が開け大沢がわかり一安心。そして黒さんの言う通りほうめい小屋が半分くらい埋まっていたのは初めて見ました。ほうめいから山頂もかなりの突風で相変わらず岩木山は厳しい山です。ラスト岳に下りるはずが分岐に気付かず羽黒に下りてしまいました。(笑)本当に僕はダメな人間です・・・。現役のスマホGPSに何度も助けられました。僕はもうGPS買うしかないです。そうそう焼け止まりすぐ近くで熊の足跡がバッチリありました。

GW暇です - みほ

2017/04/12 (Wed) 18:18:59

お久しぶりです。仕事柄、普段はGWは休みにならないのですが、5月4日と5日にお休みが自動付与されました。安寿会や流転で、何か素敵な山行計画ありましたらどなたか誘ってください!!山に登りたいです!

Re: GW暇です - みほ

2017/04/14 (Fri) 12:25:48

5/4の休みは5/3に変更されました( ̄∀ ̄)

転居しました - 鴨下

2017/04/14 (Fri) 08:44:49

研修の機会があり、9月中旬まで5ヶ月間、東京都立川市にいます。
また寮に入ってしまいました。
早速、ボイストレーニングという名の寮歌・校歌の練習があります。さらに毎日懇親会。北鷹療とほぼ同じです。
研修よりも奥秩父、八ヶ岳で頭がいっぱいです。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.